鹿革・ヌイトメルで使用しているもの

2012-5-3

 ※参考:「なめし」について
 
 
■ディア ヌメ (鹿革・タンニンなめし・国産)
 
 
2㎜程厚さのある銀(革表面)付きの鹿(ディア)革。
ニュージーランド産の赤鹿をタンニンでなめし、染料で染めたもの。
鹿革は革の中でも高級な素材で、柔らかくしなやかで、軽いのが特徴です。
線維は柔らかいですが強靭で、その強度は牛革にも勝ります。

鹿革の銀(表面)は摩擦に弱く、擦れると少しずつ剥がれてきますが、それが独特の味となっていきます。
また、色によっては日光により色褪せしやすいものもございますが、使用することで手の油分などを含み、少しずつ色つやが濃くもなります。
そういった表情の変化の楽しめる革です。

皮膚組織に皮脂を含む革ですので、水に強く、水洗いをしても柔らかさやしなやかさを損なうことはありません。
油を吸いやすく、油分を吸うとその部分に濃くシミが残りますので、革用オイルはご使用にならないでください。鹿革専用のお手入れ剤もございます。(参照:【鹿革】お手入れ方法にて紹介)
 
 
 鹿革の魅力はこちらからも → 革のもとに思いをよせる
 
 

 カラー 
ライトブラウン ダークブラウン ネイビー
ブラック チャコールグレー(限定色) ナチュラル(限定色)
deer_BK

 
 ※ 画像はモニターによって発色が異なります。
 ※ 革の発色はロットや個体差によってその都度微妙に異なります。
   特にタンニンなめしの革は安定しにくいため、画像とは色が違う
   ことがありますので、その旨はご理解の程お願いいたします。
 ※ 鹿革は素材の特質上、キズやシワ等が多い革です。
   革1枚の大きさが比較的小さいため、革質上使える部分が限られており
   パーツが大きいものにはキズが避けにくこともございます。
   その場合は背面や底、見返し等目立たない位置に使用しています。

   キズなどについてはこちらもご一読ください → 鹿革製品をご購入いただくまえに

 ※ ナチュラルは染料等で染色していない(素上げの)革です。
   ナチュラルは、製品前の革を当工房にて若干の加工をしています。→ 加工の様子はこちら
 
  → この革を使っている商品 
     巾着トートバッグ  MS  

  →   結ぶトートバッグ 
 
 
■ディア オイルヌバック (鹿革・コンビネーションなめし オイル仕上げ)
 
 
1.5㎜厚程の薄く柔らかな鹿革の銀(表面)をペーパー等で削り、仕上げにオイルをたっぷり浸み込ませたものです。オイルが入っているため、さらに水や汚れに強くなり、油シミもつきません。
軽くしなやかで、しっとりした感触で、上品な雰囲気です。
現在使用しているのは、デッドストックの革です。
汚れた時は柔らかい毛のブラシでブラッシングしてください。

(参照:ディアオイルヌバックのこと
 
 

 カラー 
  ダークブラウン ネイビー(廃番)
    

 
 
  ※ 画像はモニターによって発色が異なります。
 
 
  → この革を使っている商品(申し訳ございません。廃番になりました)
 
 
 
■ ヌイトメル初期(2011~2012年初めごろ)の鹿革についてはこちら(ブログより)

  ヌイトメルの鹿革うつりかわり    4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  → 【鹿革】お手入れ方法についてはこちらから

コメントは停止中です。

ページの先頭に戻る