コンセプト

ABOUT ME

ヌイトメルをはじめる前までの10年、靴や鞄などの生産全般に携わり
職人としての技術を身につけました。
その間、機械を駆使して分業体制で量産する現場から、
手仕事が生きるこだわりの一点物を請け負う、究めて職人的な仕事まで、
様々なチャンスに恵まれ、アイテムは問わず幅広い下積みの経験ができました。
ものを作る仕事を続けているうちに、僕は、
直接作っている本人から買いたい、
作られる背景がわかる物を買いたい、
逆の立場であってもそうありたい、
という気持ちが強くなり、自分でものをつくりはじめました。

今好きなのは、シンプルながらも工夫があり、
手仕事を感じられるリーズナブルなものです。
かなり個人的ではありますが、自分たちが今良いなと思うものを作っています。
必要を感じないので、基本はどこにもロゴを入れません。
ハンドルやショルダーの長さをオーダーしていただくことを前提にしているので、
余分な金具を使う必要がありません。
そのためスッキリとした印象に仕上がります。
使用後に持ち手の付け替えや交換ができるようにしているものも多く、
また、どんな修理にも対応できます。
最初から最後まで責任をもつと言えるのは、作っている本人だけだと思っています。

about-1 about-5 about-3 about-4

生産の主(あるじ)は僕一人なのでそこが強みであり、
また弱み(効率が悪い)でもありますが、
手と機械をより良く両立して作っています。
なにぶん、2人で発信していることなので、
何かが忙しくなれば何かがおろそかになる現状で、
ここは容易に改善できそうにもありませんが、
細く長く続けていって、仕事の完成度を上げていきたいと思います。
新しいものを毎年増やしていくことが目的ではないですが、
これからの展開としては、鞄以外のものも作ろうと思っています。

お客さまとの関係は近くありたいと思っていますので、
何かあればご意見、ご質問をお願いします。
 
 
              2015.7.7.  重森一祥

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重森 一祥
しげもり くによし
1980年 広島県出身 
靴メーカーで職人、パタンナーを経て2006年に独立。
2007年に革製品全般を取り扱う工房を大阪市で開業。4年間、他社ブランド商品の請負製造に専念。
2011年よりヌイトメルとしてのものづくりを始め、その年末に滋賀県へ拠点を移す。

重森 敦子
しげもり あつこ
1974年 滋賀県出身 
アパレルメーカーでパタンナーとして勤務後、パートナーの独立を支援。
2011年よりものづくりに関わる傍ら、育児に奮闘中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
わたしたちは、何気ない日常に寄り添うものが好きです。
何かを作る時、その「もの」に使う素材、その原料、その原料となる生きものへも思いを馳せ、
それらを「もの」へと変えていくまでの、幾つもの「人の手・仕事」、
ものが出来上がるまでの過程を大切にしたいと思っています。
 

 革のもとに思いをよせる     鹿革の魅力  ヌイトメルの素材選び

 
わたしたちが作る「もの」、その歩んできたいくつかのストーリーを、
ヌイトメルにまつわるイロイロなものがたり(ブログより抜粋)」でも紹介しています。
 
 

 ヌイトメルでは、植物の渋でなめした国産の鹿革を中心に使っています。
 型ごとにお使いいただくための少しの注意点はありますが、
 鹿革はお手入れがほとんど必要ありませんので、気兼ねなく使っていただけます。
 また、バッグ全てに裏地とポケットを付けています。

商品ページ

ページの先頭に戻る