ドローストリングトート

2024-1-15

両脇のリングを引っ張って口を絞る、フラットなトート

荷物にあわせて膨らむ柔らかいバッグは

裏と表の両面と絞ったり伸ばしたりで雰囲気が変化します。

フラットトートМだとちょっと大きすぎる、Sだと小さすぎるっていうとき

そして巾着トートのふんわりした雰囲気が好きだけど

巾着Mでは小さい、巾着LSやLだと肩にかけるときに口が絞れてしまうし・・・

使い勝手としてはペタンコなバッグが良いっていう気持ち

お客様とお話をしていて、作っていて、そう感じるときがありました。

同時に、鹿革でつくっている細マチ巾着ポシェット

マチが薄くて、ショルダーと別になっている口を絞る紐

その使い勝手も良いなと思っていて、これを大きくしてみたらどうだろうと。

まさしくフラットトートと巾着トートのあいだくらいのイメージのバッグです。

鹿のツノリングがついた両脇の紐を引っ張って口を絞ると、柔らかくやさしい雰囲気になり

裏面と表面で切り替え位置が違うので、見え方の雰囲気が変わります。

紐を伸ばすとフラットになって、サイズはフラットSとMのあいだくらい

ちょうどA4クリアファイルがぴったり収まる横幅です。

(ただし、厚みのある荷物が一緒だとA4は収まらなくなります)

内装は、背側に25cmファスナーポケットと前面側に大小のパッチポケット。

ファスナーポケットには長財布も収まり

パッチポケットにメガネや文庫本やスマホを。

 

大きさ的には通勤などのオフィシャルにも

スリッパや水筒を入れて学校訪問や式典などにも

服装にあわせてカジュアルにも持てる、汎用性のある上質なバッグです。

「ドローストリングトート」は長いので略して「DSトート」と呼んでいます。

ウェブストア・月イチの販売期間でオーダーにて製作しています。

nuitomeru SOTRE

実物は、月イチのショールームオープンデイでご覧いただけます。

ほか、イベントや個展などでも。(イベントは年間スケジュールにて)

commentする



CAPTCHA


2024年 年間スケジュール

2024-2-21

(随時更新)

1/6(土)~ 1/14(日)ピューター刺繍アイテムのオンライン受注会 nuitomeruSOTRE(終了)

1/20(土) ショールームオープンデイ nuitomeru showroom(終了)

1/20(日)~ 2/4(日) オンラインストア・オープン nuitomeru STORE(終了)

1/20(土)~ 2/4(日)牛革バッグのオンライン受注会 nuitomeruSOTRE(終了)

2/11(日)12(月・祝) ヌイトメル ワークショップ&ミニ販売会 出張ツナグ。(京都西陣)(終了)

2/16(金)17(土) ヌイトメル販売会 うつわと暮らしの用品 ツナグ。(宇治)(終了)

2/23(金・祝) ショールームオープンデイ nuitomeru showroom

2/23(金・祝)~ 3/16(土) オンラインストア・オープン nuitomeru STORE

3/28(木)~ 4/3(火) オンラインストア・オープン nuitomeru STORE

4/20(土) – 21(日) みどりのクラフト

5/11(土)- 12(日) フィールド オブ クラフト倉敷

5/18(土)~ 6/2(日) オンラインストア・オープン nuitomeru STORE

6/1(土)~ 6/9(日) ピューター刺繍アイテムのオンライン受注会

6月ごろ ピューター刺繍のワークショップ&アトリエオープン

 ・・・・・・

スケジュールは決まり次第に随時追加します。

イベント詳細は、会期前になりましたらインスタグラムにてお知らせいたします。  

2023年スケジュールはこちら → 

commentする



2024年が始まりました

2024-1-6

また、あっという間に新年になりました。

今年の年末年始はほぼ仕事ができずにいた10日間で

ここでも久しぶりのブログ更新です。

今はインスタグラムをブログのよう使っているのと

このオフィシャルサイトとウェブストア(nuitomeruSTORE)との使い分けに戸惑っていて、現状は時間がなくなるとこっちが滞ってしまう感じです。

とはいえこのホームページをはじめて13年が過ぎ、いまだにこのサイトを維持できていることに感謝しています。

データが積み重なるとあちこちに不具合がでてくるみたいで

日々更新されていくシステムやネット環境と情報にあたまとからだが追い付かない近年です。

電子決済もポイントも色々ありすぎて、結局世の中便利なんだか不便なんだかよくわからず

とにかく、来年はこちらのホームページも連動して運用できるよう、

少しずつ過去と現在の情報を整理しながらブラッシュアップしていこうと思っています。

 

昨年秋から展示会が続きましたが、ブログは情報発信のツールではなくなったので

現在、お知らせはインスタと、トップの年間スケジュールページ、トップページのつぶやき欄での告知に限定しています。

ブログは、その都度感じたことや感想や

ものづくりに関する深堀り、日々のことなどの、日記・雑記として活用していきます。(オフィシャルサイトは基本的にアツコが運営していますので、わたし目線です)

 

個人事業を始めて17年、未だに色々と迷うことはありますが

初心を忘れず志は高く、ヌイトメルを誠実に続けていきたいと思います。

さて、我が家のことを少し。

今日、正月休みで帰省してきていた長男が鳥取に戻りました。

今年は長男が成人する年で、次男は高校受験のため2年間の離島留学から帰ってきます。

( ↑ 写真は五島列島奈留島の千畳敷)

現在17歳と14歳。

人生でいちばん楽しい(?)時代と、大人からは見えるのだけど

本人たちには若いなりの苦しみがあるようです。

世の中の苦悩の多くは人間関係らしいですが

個人の能力と本人を取り巻く人間関係は「運」なのでどうしようもなく

どの家庭に生れ落ちるか、どの場所で育てられるか

どういう能力を持って、どういう特性と気質を持って生まれるか

多少はDNAで受け継がれるけれども、その影響も含めて

多くが運なので、自分で選択できないことに対してクヨクヨしたって仕方がなく

自分にないものを渇望するよりも、今あるモノとコトに感謝できる

前向きな生きかたができれば、それだけで良いと思っています。

俯瞰してみると、これまでの自分はかなりラッキーだったと思うのです。

だからこそ、そういう自分には何かしらの義務があるとも感じていたりもします。

そういうふうにぐるぐると考えを巡らしつつ、新年を迎えました。

 

そして元旦の地震。滋賀も少し揺れました。

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

新年から心がザワザワと落ち着かず、何かと画面ばかりを見てしまうお正月です。

 

天災は日時を選んでくれず、事故にあうのも運で

いつどこに誰といるのか、多くの場面で巡り合わせは運なのだから

せめて運任せでない部分は、人の手で食いとめられないのかと憤る日々だけど

その憤りにも慣れてしまうほどに、変わらない世の中

自分たちのこともおおかた運任せだけど、神頼みはしないのがポリシー

感謝のこころを忘れず、できることはコツコツと

今年もがんばろうと思います。

 

昨年も多くのかたに支えられ無事に一年を終えることができ、深く感謝いたします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

(アツコ)

commentする



価格変更のお知らせ

2023-8-26

いつもヌイトメルをご愛顧賜り、誠に有難うございます。

誠に勝手ではございますが、2023年9月より

山羊革製品と牛革(山羊革バッグと同型の製品)について商品価格を一部改定することになりました。

2019年の消費税増税後より、多くの商品について本体価格(税抜価格)はできる限り据え置いて参りましたが

近年の原価および経費の高騰により、山羊革および同型の牛革製品(フラットシリーズ・トートバッグ)、ナイロン×牛革のバッグについては

1,000~3,000円程度値上げをさせていただきます。

誠に恐れ入りますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

( 9/3までのオンラインストア販売分は据え置き価格にて販売いたします)

commentする



ミニ巾着

2023-8-16

薄く漉いた革を貼り合わせて、中も外も表革にした1mmの厚みの革で

軽く薄く、とてもシンプルな小さいバッグ。

乳白色の小さいリングがポイントの「ミニ巾着」は、2022年から作っています。

紐の通り道を細くしているので、絞りきれないバッグ口がほどよく開いていて

薄い革が裂けてこないように、ひと針の縫い目に工夫も施して

細い革の丸紐で滑り良く、肩当てパットの革プレートで紐を束ねる。

隠れる部分でつなげているから、紐のどこにも結び目がなく

紐の中継地点、鹿ツノのリングには

キーホルダーやストラップを結び付けたりもできる機能も備わっています。

Sサイズはショルダーが短めでスマホがすっぽり隠れるから、スマホショルダーとして使えます。

スマホ、プラス、キーケースや小さいエコバッグなど

他のものも少しだけ入るように、形をまるくして余白をつくっています。

Mサイズはひとまわり大きく、ショルダー紐は少し長め。

財布も一緒に入るポシェットになります。

どちらのサイズも、紐の長さはオーダーで変更可能で、紐の短いタイプもあります。

 

カーフ(仔牛革)は、黒、オフホワイト、グレージュの3色展開です。

内側とショルダーを黒にした配色タイプと

ナチュラル色の紐がつく内側同色タイプの2種類。

カーフは牛革のなかでも最高級の革。

キメの細かさと薄く軽くしなやかな革質に「トラ」といわれる独特の模様が入るのがカーフの特徴。

表面が均一なスムース革にはない表情、カーフの象徴であるトラが

シンプルなバッグを格好よく魅せてくれます。

 

 

同じ形の素材違い

ディア(鹿革)では、黒、ネイビー、ライトブラウン(鹿革の黒以外は在庫限り)

ディアにはナチュラルマークや色むら、シボの粗い部分も入るため、毎回限定価格で在庫限りの販売です。

北方遊牧民の伝統的な工芸を取り入れて

鹿革と鹿ツノのポシェットには、ピューターワイヤーの手刺繍を施すタイプも。

北欧ラップランドのサーミ族による

トナカイとピューターの手工芸、サーミクラフトを模して

ピューターワイヤーでクロスモチーフを刺繍した小さなバッグを

時間を見つけて、時々製作しています。

手しごとを通して、先住民族から現代まで受け継がれた人の営みが見えてきます。

日々の暮らしに組み込まれた長い時間をかけて生み出される

刺繍や織物、彫り物に施される繊細な模様や造形は

機能的な道具に、意味や価値を加えること

それは祈りや想いを乗せる作業でもあり、健やかに生きるための知恵でもあり

伝統をつなぐ手段でもあると、手を動かしながら考えます。

 

また鹿革は日本でも古くから親しまれていた素材で

巾着袋は道具や収穫物、あるいは貨幣を入れたり運ぶために

古代より人が世界中で使い続けている優れた道具です。

なぜか巾着のバリエーションばかり作ってしまうのは

使いやすく実用的だからなのかなと思います。

 

歴史的には名もなきひとが受け継ぐ手しごと

その営みに敬意を払いながら

自分たちがつくる意味を僅かばかりでも見出す作業として

現代の生活にも寄りそうものに

そういう想いをひそかに含み持つ、温故知新を生み出せたらと思います。

commentする



ページの先頭に戻る