2022年になりました

2022-1-3

あっという間に新年になりました。

毎年餅つき機でお餅をつき、お節をつくる母。

今回のお餅は玄米から精米してついたので、茶色い点々がすこし入っているのが愛らしい。

(超アナログな餅つき機は貰い物のうえ多分25年以上使い続けているのに今も健在)

その横で掃除と用意と段取り手伝いは、毎年の年末年始恒例の仕事で

ひと通り終わってからひと息ついて、元旦から年賀状にとりかかるのが私のお正月。

今年は中3の受験生がいるので、とりあえず受験が終わるまでは気持ちも落ち着かず

息子の進路の行方次第で春からの生活が全く違うので、まだ今は宙ぶらりんの状態です。

年々時間の経過が早く感じてしまうのは歳のせいだろうけど

天然とは違う種類のうっかりがますます増えたような・・・

昔のように仕事がこなせなくなってきたような気がするし

更年期一歩手前?という微妙な年齢なので

少しずつメンテナンスもしていかないとなぁ・・・

 

秋に4年前から毎日乗っていた電動自転車がついに壊れ

近くの自転車屋さんで見つけた中古自転車に乗り換えました。

近年は毎日の通勤で植物を愛でつつ、めぐる季節を意識的に感じています。

池の水面に映る木々を見下ろせる道、街路樹が植えられた歩道、公園の脇の土手

芽吹きの色合いと野の花が少しずつうつり変わっていく春

ムラサキツメクサ、ドクダミ、ヒメジオン、ツユクサ、エリゲロン、アザミ

夏になるとツタが伸びて歩道が覆われ、蝉の鳴き声も気温とともに移り替わり

コスモス、アキノノゲシ、ヒメツルソバ

秋には青々と茂るナンキンハゼの葉っぱの間からコロコロとした緑の実が見えだし

紅葉と落葉の後に残る白い種が綺麗で

道端の水仙が咲きだすとまた冬になったなぁって

一年すぎるのが本当に早いのだけど、普段通りの毎日を慈しみ

このまま歳を重ね、やがて無にかえってゆくことが普通にできればこの上なく

ただ淡々と時が過ぎていけばいいのになぁ。

先の見えない時代を生きていて、これまでと同じ生活がこれから先も延々続くとは思えなくて

パラダイムシフトなんてきっと起こらないし、焼け石に水とか自業自得とかを噛みしめ

まさかのパンデミックを知ってしまったので、次に何かおこったときにはもう驚かない気がする。

今でいう普通の幸せって、実のところ先人たちの失敗や努力とまわってきた偶然とで味わえているもの。

おこぼれでまぁまぁの幸せを享受できていた時代は終わりを迎えようとしているかもしれないし

惰性の世代の自分が人生100年時代を実現できるって思えないけど

まだその半分も生きられていないのにこんな悲観的になってていいのか!とも思う。

第二次アヘン戦争だという10年前の動画を見て納得して

それから10年後の今もまだその只中なんだけど、無策に小さく足掻くしかなく

ご都合主義の自覚があるだけまだましだと言い訳して

どんなかたちであれ生き続けることが幸せなのか

最期を自分自身で選べることが幸せなのか

生きているとか死ぬとかいう死生観の哲学的考察には答えがないので、今この話はとりあえず棚上げしておこう。

日本が開戦に突き進んだのは民衆がそれを望んだからだと歴史が教えてくれていて

誇りだとか陰謀だとか罠だとか政治のせいだとか

いずれにしてもことばの主語が大きくなり神目線になっていくSNSも怖くて

妄想と冷静と真実と錯覚と神の声と

自分は目覚めたのだと錯覚する伝道者も、本物のレジスタンスもまがいものの善人も

実際に会って対話をしてみないことには私は何も感じとれない。

「まとも」っていう境界線はとても曖昧で、脳の認識は危ういもの。

病なのかそうでないのか、だれが何をもってその線を引くのか。

 

とにかく人類の業を背負うことになった現代を生きるひとは

宇宙と地球の時間軸でいうと一瞬の時間をただ通り過ぎることしかできないのだけど

せっかく今ここにいるのだから、人との関わりを味わい、人の気持ちや建設的な営みを大切に思い

できることを誠実に続けて、良い思い出を重ねて

その思い出を財産として人生の最期に思い出せたらいいなと思う。

そのために私は「私」を主語にして

そのときの選択を自分にとって最善のものにするっていうのが、私の生きかたなのだと

こうやって記すのも、今考えていることを文章にして残しておきたいからで

この超個人的な考えをオフィシャルにも公開しているのが良いのかどうかわからないけど

特定の個人に対する誹謗中傷でなかったらいいと解釈しているので

具体的な体験を書くのは自分の家族にとどめておこうと思っています。

 

夏ごろからヒップホップとラップ漬けの息子たちで

文学への入口がラップというのって今っぽいなと感じています。

そういえばお経も短歌もラップみたいなもので

ことばに変換された感情や情景を味わう楽しみを知った息子が

今をどのように感じ、これからどのように生きていくのか楽しみです。

ラップで詩的な表現に共感したりエモいって感想が湧いてくる様子を見ると

国語の教科書にのる文学や古文で表現されている感情もきっと普遍的なものだろうけど

現代の子が味わうには時代が遠すぎて実感がわかず、無意味な暗記がそれに拍車をかけ

感じ方にマルバツを付けられることへの疑問さえも不正解とされ

国語はただの退屈なお勉強になってしまうんだろうな、と感じたりします。

興味や共感というのは体験を経て気づき湧き出るものだというのは子どもを通してわかるし

どんなことも近くに引き寄せることから主体性がうまれるのだし

主体性というのが何かにつけ鍵になるのだと、実感としてそう感じています。

 

今年は中学生になる次男の冒険がはじまるので

私もそれに便乗して未知の世界へ連れてってもらうのを楽しみにしています。

その具体的な体験は、また春を過ぎたころに・・・

 

(アツコ)

commentする



2022年 年間スケジュール

2022-8-3

(随時更新)

12/20~1/10(月) オンラインストア オープン nuitomeru STORE (終了)

2/4(金)~ 15(火) オンラインストア(前半)オープン nuitomeru STORE (終了)

2/25(金)~ 28(月)オンラインストア(後半)WEB個展 nuitomeru STORE (終了)

3/18(金)~ 28(月) ヌイトメルのこと 革のバッグと小物展 (List:/長崎市)(終了)

4/16(土)17(日) みどりのクラフト (終了)

4/23(土)~ 30(土) オンラインストア オープン nuitomeru STORE (終了)

5/21(土)22(日) フィールドオブクラフト倉敷 (終了)

5/25(水)~ 31(火) オンラインストア オープン nuitomeru STORE (終了)

6/18(土)~ 26(日) オンラインストア オープン nuitomeru STORE (終了)

7/8(金)~29(土)/ 期間中 金・土 nuitomeru POP UP SHOP  skip (岡山市)(終了)

8/5(金)~ 14(日) オンラインストア オープン nuitomeru STORE

9/10(土)~25(日) 個展 FIELD NOTE (奈良市)

9/28(水)~10/10(月) オンラインストア オープン(※日程変更しました) nuitomeru STORE 

10/7(金)~10/10(月)予定 工房開き nuitomeru・ショールーム+ヌイトメルスペース(大津市)

10月 個展 TRAM (福岡市)

11月 個展 chigiri (三島市)

12月 POP UP イベント Toneriko(水戸市)

11/26(土)~12/25(日) オンラインストア オープン nuitomeru STORE

 

・・・・・・

スケジュールは決まり次第に随時追加します。

(オンラインストア・2023年1月以降は日程調整中)

詳細は会期前になりましたら、ブログにてお知らせいたします。

 

 

2021年スケジュールはこちら → 

コメントは受け付けていません。

個展のお知らせ(名古屋)

2021-11-24

名古屋市「 NODE 」さんで、展示会を催していただきます。

定番の巾着トートほか山羊革のポシェット

鹿革の小財布のシリーズ、DEER×DEER HORNの小物

撥水ナイロン×牛革のトートバッグ・スクエアバッグなどをご紹介いたします。

新作のパッチワーク巾着はサンプルをご覧いただき、オーダーしていただけます。

名古屋で初めての展示会です。

今回、初日に在店します。お近くのかたはぜひお立ち寄りください!

(2121.11.29追記  展示会終了日が19日までに延長になりました)

・・・・・・・・・

nuitomeru  Exhibition 

2021年12月4日(土)~ 19日(日)

Open:12:00~18:00

Close:12/14・15

在店日:12/4

NODE  |  TAS WOREKS Inc. (インスタグラム)

 

(2021.12.21 追記)

個展終了しました。

お立ち寄りいただいた皆さま、有難うございました。

ご注文いただいた商品は、1月のお届け予定です。有難うございました!

コメントは受け付けていません。

オンラインストア・11月期間限定オープンのお知らせ

2021-11-19

オンラインストア(クレジット決済可)、11月 販売日程のお知らせです。

新作の「ナイロン×牛革スクエアトート」「ナイロン×牛革スクエアショルダー」を受注販売にてご用意いたします。

また、10月に引き続き「鹿革パッチワーク巾着」を、受注販売にてご用意いたします。

(いずれも12月中旬~下旬納期)

 

オンラインストア・11月オープン日程

【11月20日(土)午前10時からご注文受付開始 ~ 11月30日(火)終日まで】

こちらよりご注文いただけます。

↓ ↓

nuitomeru STORE

・・・・・・・・・・・・

【11/20~30】

受注販売(12月中旬~下旬納期)

 撥水ナイロン×牛革「スクエアトート」 ブラック・カーキ・ネイビー×ブラック

 撥水ナイロン×牛革「スクエアショルダー」 ブラック・カーキ・ネイビー×ブラック

鹿革「パッチワーク巾着 S・M・Lサイズ」 ブラック(3パターン)

通常販売

鹿革「巾着バッグ S・MS・M・LS・Lサイズ」 ブラック

鹿革「巾着ポシェット」 ブラック・ダークブラウン

山羊革「フラットショルダー Mサイズ」 ダークカーキ

鹿革「押口財布」「押口キーケース」 ブラック

 撥水ナイロン×牛革「トートバッグ」 ブラック・ネイビー×ブラック

 

  こちらのオープン日にご注文いただいた商品は、ご用意でき次第に順次出荷いたします。(土日祝の出荷はできません)

お急ぎの場合や日時指定はご注文時にその旨お知らせください。可能な限り対応をさせていただきます。

各商品限定数にての販売になります。

オンラインストアは完売次第に終了となりますが、このホームページの商品ページからは常時ご注文いただけます。商品ページにない商品はメールにて、可能な場合はオーダーをお受けいたしますので随時ご相談ください。

また、ストアの商品で、お支払い方法に銀行振込・代金引換をご希望のかたは、ストアにてご注文をいただく前にお知らせください。メールにてご注文の対応をさせていただきます。(在庫がなくなり次第、予約注文になります)

また、ロープの長さ等のカスタマイズについては期間限定ストアでは現在お受けできませんので、このホームページ内の商品ページよりご注文ください。

ご不明な点やご要望がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

コメントは受け付けていません。

パッチワークの巾着

2021-10-23

2021年秋の新作、9ピースからなる丸いパッチワークの巾着。

パッチワークの革、ディティールのストックから組み合わせて閃いたかたちです。

この巾着は、紐の通し方がポイントになっています。

バッグ正面がないので、紐のどの部分を引っ張ってもアレンジができます。

巾着状にするときは、穴と穴の間“ひだ”になる部分を奥に手で押し込んで形状を整えます。

そうすると、このような形状になります。

ひだ部分が外にでている状態がこちら ↓ 形状は好みなのですが、内側にしまってあげるほうが丸い形になります。

紐が中央で交差しているので、その交差している紐中央部分を持ちあげるとトートバッグ状になります。(ハンドル長さ50cmくらいのトート)

そのままバッグのサイド部分に通っている部分の紐も一緒に持ち上げるとハンドルは短くなり手持ちのトートバッグになります。(口部分の両サイドのひだを内側にたたむと ↓ この形状です)

 

そして紐を片方に絞ると、斜め掛けにもできる1本ショルダーの巾着バッグとしても使えます。

(ひだ部分が外に出ているとこの形状です ↓ )

はじめは形を整える作業が必要ですが、次第に革がその形に癖づいてきます。

4通りのアレンジができるので、色々と使いまわせそうです。

 

サイズはS・M・Lの3サイズ。

定番巾着のサイズ感で比べると、

Sサイズ=定番巾着バッグS~MSのあいだ

Mサイズ=定番巾着バッグMよりちょっと大きい

Lサイズ=定番巾着バッグLSよりちょっと大きい

という表現でイメージできるでしょうか・・・

Mサイズに荷物を入れたら ↓

19cm幅長財布、A5手帳、小さいポーチ、スマートフォン、眼鏡

これだけ入れて、絞ってもまだ少し余裕がある感じです ↓

定番巾着バッグMサイズよりも高さがないので、手帳は縦に入りません。

底マチが広いため大きいものは底に横たわるように入れるほうが、外側の丸い形状が安定します。

 

裏地の底に縫い留めているリネンの巾着袋の大きさは、

S・Mサイズは同じで、口を絞らずでハガキがすっぽり入るくらい。

中にスマホを入れて比較 ↓ Sサイズ

Lサイズ ↓ の内側巾着袋はS・Mより上下各3cmずつ大きくなります。

現在ほぼ黒ばかりの鹿革、今回も本体は黒のみですが、

ロープでバリエーションをつくったら新鮮な雰囲気になりました。

黒とナチュラル2色使いでアフリカン調にも見える柄のパターン2種を加えて、

ロープカラーは ↓ 4パターンからお選びください。

【BK】(本体:黒/ロープ:黒単色/ハトメ穴:黒)

【BK(NA)】(本体:黒/ロープ:ナチュラル単色/ハトメ穴:ナチュラル色)

【BK(NA-T)】(本体:黒/ロープ:黒×ナチュラル ツイスト柄/ハトメ穴:ナチュラル色)

(↓ひねったような、らせん状の柄=ツイスト柄)

【BK(NA-S)】(本体:黒/ロープ:黒×ナチュラル ストレート柄※/ハトメ穴:ナチュラル色)

(↓まっすぐの柄=ストレート柄)※柄名変更しました(2022年1月)

期間限定、受注生産にてご注文いただけます。(納期11月)

↓ ↓

nuitomeru STORE

 

※11月納期分がオーダー上限に達しましたら、12月納期でご注文を受付けます。

※ 銀行振込・代金引換がご希望のかたは、メールオーダーにてご注文をお受けいたします。

↓ (こちらから「パッチワーク巾着」「サイズ」「カラー」をご明記ください)

 nuitomeruご注文方法

 

さて、バッグ製作の裏側をすこし。

実は、初期に作った定番の巾着トートバッグが使い勝手が良いので、それ以外の巾着ってもう作れないだろうとあきらめていました。今、巷には巾着のバッグが溢れているし、わざわざ新しく作りなおさなくても良いかなぁと考えること数年。

あるとき息子のバスケットボールのボールケースを眺めていて、こういう雰囲気のまるこいバッグもいいかなぁとぼんやり考えていたけれど、その雰囲気のバッグへと作りこむときに使い勝手、ハンドルの付け方、附属のパーツ、仕様をいい具合に組み合わせないと製品にはなりません。手を加えすぎると原価は跳ね上がるし、デザインと機能性とコストをちょうど良い塩梅に落とし込むのは毎回難しい。

もうちょっと、もうひとひねりと言いながら、いいところまできていて保留やボツになることも多々ある新作づくり。(どちらかが首を傾げるとボツになるので)

パッチワークのディティールもずいぶん前につくっていたものの、立体にアレンジしていたかたちのパーツを大きくしてバッグにしてみようと相談し、形だけ試作してみたらなかなか良かったのです。

じゃあハンドルはどうするか、バッグ口の開閉はどうするのか、ファスナーや金具や何かパーツを使うのか、かたちや大きさのバランスはどうなのか、話し合いながら試行錯誤の時間を経て、やっぱり鹿革は(古代から巾着型で使われている素材なので)巾着型が最適なんだろうとの結論に至りました。

今回は完成までもっていけたので、ふたりともけっこう満足しています。

commentする



ページの先頭に戻る