2022年前半のふりかえり

2022-7-10

4月から我が家は大きく環境がかわり
長男は高専生に、次男は長崎の離島留学にそれぞれ旅立ち
夫婦ふたりの生活がはじまりましたが
あっという間にもうすぐ夏休み、やつらが帰ってきます。

 

それにしても忙しかった昨秋から年度末・・・
受験がこれほど大変だとは思っていませんでした。
長男の中学校入学式に高校受験の話をされて、中学というのは受験のための学校だとその瞬間に悟り
同じことを繰り返すことになる高校からの大学受験が嫌すぎて、高専を勧めたのは中一の春
とはいえ、国立高専を調べるほど簡単には行けそうになく
おまけに通学圏内にはないため、必然的に親元を離れなければならない
そんなプレッシャーを息子に与え続けることや
知らず知らずのうちにレールをひき干渉している親が
心理的負担になっていたらと心配になることもあり
2020年からは見学もオープンキャンパスも行けず、学校生活も不完全燃焼な日々
そもそも本人が主体的に、行きたい、学びたいと思わなければ意味がないし
その本人の気持ちを待つ時間が過ぎていくのはとても早くて
やっとエンジンがかかったのが中3の秋(遅い!)もはや残り4ヶ月で間に合うのか?
でもせっかくやる気になったのだから後悔ないようにと
昨年の秋から(親子で)精一杯がんばりました。

 

自分のことは自分でなんとかかんとか考えて行動できるのに
人のことは当然その本人がやらないと始まらないし乗り越えられない。
歯がゆさと、見守り応援することの難しさ
浮き沈みのメンタルと向き合いながら悪戦苦闘する姿に
この不毛な“受験”勉強を早く終えたい、終えてほしい!
大学全入時代なのにその手前の高校進学でもこんなにお金がかかるのかと
社会の矛盾を噛みしめながら
そんな毎日の数ヶ月を乗り越えての3月、ついに合格が決まったときは
私もこれまで感じたことのない達成感と安堵。
その喜びに浸る時間は束の間で、入学までの1ヶ月で息子ふたりが旅立つ準備と
同時に一年で仕事が一番忙しい繁忙期と重なっての怒涛の日々から
やっと一息つけたのが4月の終わり。

引越してすぐは何がどこにあるのかと何度も電話がかかってきたけど
今は困ったときにしか連絡が来ない。画面で単語かスタンプ。
ちょっと寂しいけど、便りがないのは良い便り、というから
まぁ問題なく過ごせている様子なのでとりあえず良しとする。

 

次男は小6の夏に離島留学を決意して
夏休みのリモート面接を経て、4月はじめに里親さんのもとへ無事送り届けてきました。
ネット環境の持ち込みは禁止なので、今は週に一回の電話で島での様子を報告してくれています。
そういえば、プレッシャーに弱かった次男は
よく最後の最後で熱を出したりおじけづいたりしていたのに
いつの間にかそれを克服しているのだということに気付き
意気揚々と島に旅立った日から数日後のZoomで参加した入学式に映る姿は頼もしく
これからどんなふうに一年を過ごすのか、とても楽しみで待ちきれず
とんぼ返りだった4月(コロナ対策で宿泊禁止)からのリベンジだと
5月末に思い立って行ってきました。

その小さく不便な島は、天国みたいな場所。
少し大きくなった息子と、これまでと何も変わらない会話をするひととき
釣りたての魚と採れたての野菜、飛び交う蛍、遮るもののない満点の星空
お土産にいただいた島でとれた椿油、箱いっぱいの玉ねぎと大豆と梅の実
黄梅でつけたシロップの甘い香りに癒されつつ、自給自足の島へ思いを馳せる。
若い多感な時期は、ひとりに一回だけの、今しかない貴重な時間。
身体と心の成長を間近で見ることができないことは残念だけど
寂しさ辛さもきっと乗り越えて、大きくなって帰ってくるのが待ち遠しい。

こうして私生活で嬉しいことがあっても
世界では不穏な動きが絶えず、世の中では悲しいこともたくさん起こり
喜ぶことを不謹慎に思えてしまういま。

 

気づかないうちに巣くう過激で排他的な思想
平和を希求するために考え続けることを放棄した
固い頭は「力」という幻想にとらわれ
恐怖と威圧と暴力はいとも簡単に信頼を壊してしまう
権力にしがみついた
権力者が弱肉強食を平然と口にする恐ろしい現実
やっぱり力の理屈に飲み込まれてしまうのかと無力感に苛まれ
ただ平和に暮らしたいだけなのに、そう望むのは愚かなことなのかと
建設的に生きることを人為的に阻害されることが、こんなにも多く起こることへの憤り
声をあげても無視され、お金は武器にかわり、善意は消費されていく
世界中でお金が軍事へ流れる構造はいったいだれのトクになるのかを
それは何を守るためなのか
満たしたいのは他者への愛なのか己の欲求なのかを
冷静に見極めなければならない
力による威圧はエスカレートして解決から遠ざかっていくばかりで
抑圧の不満はくすぶり続けると、戦争の歴史が証明していると思うのだけれど

 

とにかく暴力が嫌いなのです。
自分たちは未来に向けて毎日を生きているのです。
未来の話をしていても、平穏な未来が来るのかさえ
ふと不安に思ってしまう今をどうやって生きればいいのか
天災の不安に加わった人災による不安
子どもに今の大人の行動をどう説明すれば良いのか
大人たちの右往左往する姿を子どもは覚えているから
大人が聞きたいことしか聞いていないから
同じように本質を見ないふりをしてこの危うい現状維持を望み
本題をそらし煙にまいて無難にやり過ごす癖と
矛盾を抱えたダブルスタンダードを自然と身に着けていくのだろう

 

今はただ目の前のやるべきことを日々こなすことで時間が過ぎていきますが
淡々とできることから、そして諦めず。
その想いを実践している人は、少なからずいるのだから
わたしもできることからやっていこうと思います。
感謝する、想いをことばにする、愉しいことを共有する
心地よい時間を過ごすこと、人と関わること、心を通わせること
たまには無心になること
手を動かす時間は無心になれる大切なひととき。
土のチカラと自然のめぐみをいただく豊かな時間を噛みしめる。

我が家のテーマ「人生は思い出」
面倒くさいことも失敗も頑張ったことも怠けたことも諦めたことも
ひとつひとつのできごとが、自分の記録として積み重なっていく
その時々を自覚的に選択し、今を精一杯やったと思えるように生きること
そんな前を向いた人生を子どもたちに歩んでほしいと思います。

(アツコ)

 

commentする



ポップアップショップのお知らせ(岡山市)

2022-6-13

岡山市「Skip」さんにて、展示販売をいたします。

巾着バッグ、鹿革の小物、山羊革のお財布ポシェット、牛革のバッグなど

コンパクトなバッグや小物を中心にご用意します。

新しい素材と昨年秋から紹介している新作のパッチワーク巾着と柄ロープに加え

今夏からの色展開もご覧いただけます。

 

(会期中、ヌイトメルからの在店はございません)

 

・・・・・・・・・・・・・・

nuitomeru POP-UP SHOP

7月8日(金)、9日(土)、15日(金)、16日(土)、22日(金)、23日(土)、29日(金)、30日(土) (全8日間)

OPEN:11:00~16:00

at: Skip インスタグラム → @skipcafe

 

(2022.8.3 追記)

ポップアップ終了しました。

会期中お越しいただいたみなさま、有難うございました!

 

コメントは受け付けていません。

素材のお知らせ

2022-6-16

ヌイトメルの定番の素材として使用していた鹿革は

数年前から革質が安定せず、

なかなか思うような状態の革が入手困難になり

昨年末からは鹿革の入荷が滞り鹿革のバッグ製作が難しくなってしまいました。

同時に数年をかけてそれに代わる素材を探していましたが

この度、鹿革と遜色ない使用感の

これまでのヌメ(タンニン鞣し)牛革のイメージとはまったく違う

画期的な素材を探し出すことができました。

鹿革で作り続けていたバッグを、この牛革でなら続けていけます。

この春から商品としての製作をはじめており、

機会あるごとにお客様にご覧いただき、好評を得ています。

今夏からは鹿革では作れなくなっていたカラーもつくり、

ブラックには新たに柄パターンのロープも組み合わせて展開していきます。

素上げ素材特有の手に吸い付くような触感

柔らかく軽く、それでいてコシのあるしなやかな革

ヌイトメルの巾着トート独特の

やわらかいけれど置いたときにもくたっとしながらもフォルムが保たれる

ふわっとしたかたちの表現を実現しています。

使うほどにツヤが増し、ヌメ革独特の経年変化も楽しめる

この新しい牛革のバッグは、6/18(土)からのオンラインストアで販売を開始します。

 

この素材について詳しくはこちら → 極ソフト牛革について | nuitomeru

 

またここ数年は色々なことからの影響もあり原価が高騰しているため

鹿革バッグについては、7月から値上げをすることになりました。

6月のオンラインストアでは、在庫分に限り据え置き価格にて販売いたしますので

この機会にご購入いただければ幸いです。

(鹿革入荷待ちのため、鹿革バッグで完売しているものは7月以降のご予約となります。納期および製作について入荷次第の判断になりますので現時点ではお約束できませんが、製作可能になればご予約分から製作のご案内をいたします。ご予約はメールにて承ります。革の状態如何によっては製作できないこともございますので、その旨ご理解のほどお願いいたします。)

 

革製品は、皮から鞣され革になった時点ですでに価値がつくられ

製品のクオリティは素材に大きく左右されます。

革の元になる天然の素材

そういうところまでコントロールできないわたしたちは

その価値のある革を、さらに物へと加工する

モノとしての価値を付け加える作業をしていると思っています。

 

こちらの記事もご参考いただければ幸いです。

革と素材についての考察 | nuitomeru

 

・・・・・・・・・・・・

オンラインストア・6月オープン日程

【6月18日(土)午前10時からご注文受付開始 ~ 6月26日(日)終日まで】

↓ ↓

nuitomeru STORE

 

※6月は在庫がご用意できる商品のみの販売となっています。

次回は8月上旬(8/5~14)に、新色などもラインナップ予定です。

※銀行振込・代金引換をご希望のかたはメールおよび、

このホームページの商品ページご注文フォームからご注文ください。

 

commentする



個展のお知らせ(長崎)

2022-3-14

長崎市「List:」さんでの個展、約1年半ぶりです。

今回は、昨年から作っているバッグのうち長崎で初めてご紹介するものをいくつかご用意しています。

パッチワーク巾着、白なめしの巾着トート

鹿革の小物シリーズ(白の鹿革はオーダー)

撥水ナイロン×牛革のスクエアバッグ

いつもの牛革のバッグシリーズはオーダーを受け付けます。

 

List:さんでの個展は7回目。

オーナーの松井さんや、いつもお越しいただくお客様が

何年も使ってくださっているヌイトメルの使い込まれたバッグたちを見ることも

長崎を訪れる楽しみのひとつになっています。

 

・・・・・・・・・

2022年3月18日(金)~ 28(火)

OPEN:12:00 – 19:00

CLOSE:3/22(火)

在店日(クニヨシ)3/19(土)

 

ヌイトメルのこと

革のバッグと小物展 2022

 

(2022.3.29 追記)

会期終了しました。

在廊日はたくさんのお客様にお越しいただき、また使い込まれたバッグとも出会えました。

お立ち寄りいただきました皆さま、有難うございました!

commentする



2022年になりました

2022-1-3

あっという間に新年になりました。

毎年餅つき機でお餅をつき、お節をつくる母。

今回のお餅は玄米から精米してついたので、茶色い点々がすこし入っているのが愛らしい。

(超アナログな餅つき機は貰い物のうえ多分25年以上使い続けているのに今も健在)

その横で掃除と用意と段取り手伝いは、毎年の年末年始恒例の仕事で

ひと通り終わってからひと息ついて、元旦から年賀状にとりかかるのが私のお正月。

今年は中3の受験生がいるので、とりあえず受験が終わるまでは気持ちも落ち着かず

息子の進路の行方次第で春からの生活が全く違うので、まだ今は宙ぶらりんの状態です。

年々時間の経過が早く感じてしまうのは歳のせいだろうけど

天然とは違う種類のうっかりがますます増えたような・・・

昔のように仕事がこなせなくなってきたような気がするし

更年期一歩手前?という微妙な年齢なので

少しずつメンテナンスもしていかないとなぁ・・・

 

秋に4年前から毎日乗っていた電動自転車がついに壊れ

近くの自転車屋さんで見つけた中古自転車に乗り換えました。

近年は毎日の通勤で植物を愛でつつ、めぐる季節を意識的に感じています。

池の水面に映る木々を見下ろせる道、街路樹が植えられた歩道、公園の脇の土手

芽吹きの色合いと野の花が少しずつうつり変わっていく春

ムラサキツメクサ、ドクダミ、ヒメジオン、ツユクサ、エリゲロン、アザミ

夏になるとツタが伸びて歩道が覆われ、蝉の鳴き声も気温とともに移り替わり

コスモス、アキノノゲシ、ヒメツルソバ

秋には青々と茂るナンキンハゼの葉っぱの間からコロコロとした緑の実が見えだし

紅葉と落葉の後に残る白い種が綺麗で

道端の水仙が咲きだすとまた冬になったなぁって

一年すぎるのが本当に早いのだけど、普段通りの毎日を慈しみ

このまま歳を重ね、やがて無にかえってゆくことが普通にできればこの上なく

ただ淡々と時が過ぎていけばいいのになぁ。

先の見えない時代を生きていて、これまでと同じ生活がこれから先も延々続くとは思えなくて

パラダイムシフトなんてきっと起こらないし、焼け石に水とか自業自得とかを噛みしめ

まさかのパンデミックを知ってしまったので、次に何かおこったときにはもう驚かない気がする。

今でいう普通の幸せって、実のところ先人たちの失敗や努力とまわってきた偶然とで味わえているもの。

おこぼれでまぁまぁの幸せを享受できていた時代は終わりを迎えようとしているかもしれないし

惰性の世代の自分が人生100年時代を実現できるって思えないけど

まだその半分も生きられていないのにこんな悲観的になってていいのか!とも思う。

第二次アヘン戦争だという10年前の動画を見て納得して

それから10年後の今もまだその只中なんだけど、無策に小さく足掻くしかなく

ご都合主義の自覚があるだけまだましだと言い訳して

どんなかたちであれ生き続けることが幸せなのか

最期を自分自身で選べることが幸せなのか

生きているとか死ぬとかいう死生観の哲学的考察には答えがないので、今この話はとりあえず棚上げしておこう。

日本が開戦に突き進んだのは民衆がそれを望んだからだと歴史が教えてくれていて

誇りだとか陰謀だとか罠だとか政治のせいだとか

いずれにしてもことばの主語が大きくなり神目線になっていくSNSも怖くて

妄想と冷静と真実と錯覚と神の声と

自分は目覚めたのだと錯覚する伝道者も、本物のレジスタンスもまがいものの善人も

実際に会って対話をしてみないことには私は何も感じとれない。

「まとも」っていう境界線はとても曖昧で、脳の認識は危ういもの。

病なのかそうでないのか、だれが何をもってその線を引くのか。

 

とにかく人類の業を背負うことになった現代を生きるひとは

宇宙と地球の時間軸でいうと一瞬の時間をただ通り過ぎることしかできないのだけど

せっかく今ここにいるのだから、人との関わりを味わい、人の気持ちや建設的な営みを大切に思い

できることを誠実に続けて、良い思い出を重ねて

その思い出を財産として人生の最期に思い出せたらいいなと思う。

そのために私は「私」を主語にして

そのときの選択を自分にとって最善のものにするっていうのが、私の生きかたなのだと

こうやって記すのも、今考えていることを文章にして残しておきたいからで

この超個人的な考えをオフィシャルにも公開しているのが良いのかどうかわからないけど

特定の個人に対する誹謗中傷でなかったらいいと解釈しているので

具体的な体験を書くのは自分の家族にとどめておこうと思っています。

 

夏ごろからヒップホップとラップ漬けの息子たちで

文学への入口がラップというのって今っぽいなと感じています。

そういえばお経も短歌もラップみたいなもので

ことばに変換された感情や情景を味わう楽しみを知った息子が

今をどのように感じ、これからどのように生きていくのか楽しみです。

ラップで詩的な表現に共感したりエモいって感想が湧いてくる様子を見ると

国語の教科書にのる文学や古文で表現されている感情もきっと普遍的なものだろうけど

現代の子が味わうには時代が遠すぎて実感がわかず、無意味な暗記がそれに拍車をかけ

感じ方にマルバツを付けられることへの疑問さえも不正解とされ

国語はただの退屈なお勉強になってしまうんだろうな、と感じたりします。

興味や共感というのは体験を経て気づき湧き出るものだというのは子どもを通してわかるし

どんなことも近くに引き寄せることから主体性がうまれるのだし

主体性というのが何かにつけ鍵になるのだと、実感としてそう感じています。

 

今年は中学生になる次男の冒険がはじまるので

私もそれに便乗して未知の世界へ連れてってもらうのを楽しみにしています。

その具体的な体験は、また春を過ぎたころに・・・

 

(アツコ)

commentする



ページの先頭に戻る