ブロックパッチワーク

2014-4-14

ヌイトメルで主に使っている鹿革は、
牛革と違って、1枚(1頭)の大きさが小さく、鹿は角があるのでキズが多かったり、
大きいパーツがとれないことが多々あり、そういった革を活かす方法や形を考えてきました。

小さい革を縫い合わせていくパッチワーク。
縫いあわせ方や漉き方を工夫して、立体的で織り込んだような表情のパッチワークに仕上がりました。

ポーチは3サイズです。
スマートフォンや通帳が入るお財布ポーチ、
A5サイズ、A4サイズはクラッチバッグとしても使えそうな感じです。

バッグはS・M、2サイズ。

今回は簡単な紹介です。
ブロックパッチワークのシリーズは、
もう少し、中の仕様などの内容をつめていって、
完成したら改めて紹介します。

コメントは停止中です。

ページの先頭に戻る