2011・移転のこと-2

2011-12-23

改装工事は、もちろんこのブログでおなじみの、岡さんに依頼しました。
もともと、いずれ自宅件工房は地方に移したいと考えていました。
その時は岡さんにと思っていましたので、自分たちの夢がかなったんです。
時期がだいぶん早まったけど。

お店改装からほどなくの仕事依頼に少々驚かれましたが、事情を話すと快く引き受けてくださいました。
お忙しいのに他の仕事との折り合いをつけて、丸1ヶ月間、大阪から滋賀まで、時には仲間と共に泊まり込みで工事に来てくださいました。

まずは、庭に面した部屋の扉を入れ変え、リビングは畳をはがして板間に。
キッチンを総入れ替え、壁を漆喰に。

 

  

工場は2階の2室を使うことになりました。

 

そして息子の保育園のお友達のお父さんが電気屋さんで、電気工事は全てお任せすることになり、本当に良い偶然でした。

さらに大津市が行う自宅前の道路の水道管工事が、11月の工事の時期にドンズバで重なってしまい、道路は半分通行止め。
工事の日程調整が大変でした・・・

ガス器具、水道栓、キッチンなどの水回りは自分たちで調達したので、工事までに搬入できるか焦ったり。
電気ガス水道工事が一気に始まり、ある日には工事の人が家に10人もいたり。

同時にその横で、捨てきれないものや残した荷物をあちらこちらへ運び、ペンキや漆喰を塗り続ける旦那さん。

わたしは大阪で荷物を段ボールに詰める日々。
そして工事は着々と進みます。
 
 
つづく。

コメントは停止中です。

ページの先頭に戻る