2011・移転のこと-1

2011-12-18

早くも12月半ばとなりましたね。
ブログ更新を1週間さぼってしまいました・・・
お陰様で旦那さんの腰の痛みはずいぶんと治まったようで、幾分か動き方が軽快に。
少し落ち着いたので、そろそろ移転のことを書いていこうと思います。
 
 
何せ工房と家の引越し、そして新築の家に、でなくて、物置と化した古い家へ引っ越したので、想像以上に大変でした。
大阪の工房・自宅の2軒、実家の母屋と離れの2軒、合計4軒分の荷物をまとめて大移動だったのです。

元来物を捨てられない性格の私。
場所があると、勿体ないからとりあえず置いておく、とか、思い出の詰まった物はなかなか捨てられない。
それは実母もそうで。
私は4人兄弟で、実家は子供の頃の落書きだらけ、昔使っていた家具もキャンプ用品なんかもそのまま、おもちゃや本も大量に残っていて、昔は焼き物を作る作業所(自営)でしたから、その当時の資材や道具が残っていたり、そして一室は祖父(収集が趣味)の荷物でパンパンに埋まっていました。

 

そのうえ電気のブレーカーも小さく、コンセントも各部屋に1箇所だけ・・・
これは、たいへんな大仕事だぞと。
そう、いつかTVでみたことのあるあの番組そのものです。
さすがに骨組みだけ残しての解体まではしていませんが・・・
まずは物を整理して捨てることから始めなければ改装もできません。
それを10月11月のたった2カ月でやってのけようという強行スケジュールでした。

さぁ、断捨離!と意気込んではみたものの、作業はなかなか進みません。
たとえば、全く知らない他人の物だったら遠慮なくズバズバ捨てていけますが、肉親の物ですのでそうもいきません。
そして実家(実父は長男、祖父は健在)ですので盆と正月には親戚全員が帰省してくるのです。
ここに母屋の機能を残さなければならず、年に1回しか使わないものも大量に置いておかねばなりません。

おまけに、両親は外勤のため平日の昼間はほぼ不在。
子供を保育園に預けて、大阪から滋賀へ車で往復して片づける日々。
これはどうかな?これは正月に使っているぞ、なんてことをしているうちに時間はどんどん過ぎて行き・・・
結局実家の物を整理して捨てるだけで、1ヶ月以上かかりました。
処分した荷物は1.5tトラック7台分!
 
 
因みに、10月11月は秋のイベント真っ盛りでした。
荷物の整理と併せて在庫を作り足してイベントの準備。
そして毎週のように、旦那さんは出張で遠方のクラフトフェアへ・・・

笑っちゃうほど忙しい今年の秋でした。

つづく。

コメントは停止中です。

ページの先頭に戻る