GOMAさんの記憶

2011-8-8

初め、その一報を人づてで聞いた時、あぁ、大変なことになってしまったんだ、と絶望感を覚えた。

彼は、もう15年以上も前に、当時親しくしていた仲間うちのひとりでした。
現在は世界的に有名なディジュリドゥー(オーストラリア先住民・アボリジニーの楽器)奏者であり、今は画家として活動もされているGOMAさん。

彼は2年前、追突事故で記憶の一部を失い、脳の後遺症を抱えて音楽活動を休止していました。
彼も、その家族のことも心配だったけれど、その時の状況を考えると連絡を取ることはためらわれ、ただ、良い方向へ導かれることを願うことしかできませんでした。

しばらくして、彼が絵を描き始めたということを知りました。
そして、その絵をインターネットで見たとき、衝撃を受けました。

あぁ、彼の才能はとどまることがないのだと、感激し、純粋に感動しました。
  
  
そんな彼が、今年の春から音楽活動を再開し、また大阪で初めて展覧会を開催するという情報を入手。
今か今かと待ちわびていた「記憶展」が、ついに始まりました。

忘れられているかもしれないとの不安も抱きつつ、会場へ。
再会した彼は、おだやかな表情で微笑み「久しぶり」と声を掛けてくれました。
古い記憶は脳の奥にあるため、昔のことのほうがよく覚えているらしく、脳と記憶のメカニズムの妙で覚えていてくれたことが、単純にうれしかった。

逆境でも流されず前へ進む彼と、絶望していたであろう彼を再起まで支え続けた彼の奥さん。
昔から芯が強かった彼女は、やっぱり強い人だった。
これからも寄り添いつづける彼女と、彼が表現する作品を、大阪から見守り続けたいと思います。

なんとなくふわふわしていた心が、勇気づけられました。
ありがとう。
  
  
GOMA 記憶展 ~第二章~ @OSAKA
2011.8.5 (fri)~8.14(sun)  PINE BROOKLYN(福島区)

 詳細は → http://pinebrooklyn.com/schedule.html
GOMAWEB.NET : http://www.gomaweb.net/
  
  
画像で見るよりも圧倒的な迫力の原画は、必見です。
作品のポストカードも販売されています。

  

comments

  1. 今晩わ。ブログへの書き込みは初めて。あらたまった感じだけど、先日GOMAさんの事をTV番組を見て凄く心に残っていたので思わず。。お知り合いだったんだね。GOMAさんの人生は短時間でしか感じれなかったけど、何だか見てからずっと残ってて。機会があればライブや展覧会で生で彼を感じてみたいなと思ったよ。大阪でやってたなんて!

    |  ☆ちあき  | 2011-8-16 11:44 PM |

ページの先頭に戻る