鹿革の小物

2021-1-31

鹿革の小物をシリーズで作りました。

鹿革の小物が作りたいとずっと考え続けていました。

10年間鹿革の巾着バッグを作り続け、天然の革は常に均一でないので、パーツの小さいものと一緒に商品を構成しないと革がものすごく無駄になってしまうことを痛感し続けていたので、この仕事を何年も続けているとその思いがますます積み重なっていくのです。

とはいえ、日々のバッグ製作に時間の大半を使っているので、新しいものがなかなか作れない。

サンプルを作る時間は他のことがストップするうえにトライ&エラーの繰り返しで完成していくので、

ものづくりをするうえで、生みの苦しみ+時間との戦いは「あるある」です。

そんなジレンマのなか、昨年はコロナの影響もあって比較的時間がつくれたので、本腰を入れて色々な構想に取り組むことができました。

  

鹿革は柔らかいので普通に考えると財布には不向きです。

財布にするには、牛革と同じ考え方と構成では鹿革の良さがいかせない。

鹿革は柔らかいけれどとても強い革で、柔らかいから形が柔軟に追従するという良さがある。

両面を貼り合わせると薄い鹿革でもしっかりとした張りもでる。

そして、鹿革の手触りが好き。柔らかくてすべすべで、頻繁に触ることでテリ、ツヤがでる。

その試行錯誤の中で完成したのが、鹿ツノのコンパクト財布。

これは、鹿革の柔らかさと細いマチによる厚みがポイントで、財布としての役割に加えて、

鹿の角パーツがデザインポイントになっている財布です。

これはこれで使いやすく、鹿ツノのビーズとリングがかわいくて好きなのですが、

随所に手がかかりすぎて結局は値段が高くなってしまう。

凝るのもいいのだけど、次にほしいのはもう少し簡素なシンプルな構造の

子どもに持たせることもできる、いい意味でもう少し手軽な、もう少しお買い得な小物。

  

イメージやディティールは頭にあり、

時間があるときに少しずつ構想を練っては試作を数年繰り返していました。

巣ごもりの年末年始から具体的に取り掛かり、バッグ製作の合間を縫って約1ヶ月、やっと納得のいく構成で完成しました。

財布、キーケース、ウォレットコード。

財布は2サイズ、内装はS・Mで違い、Mサイズにはストラップ・ショルダーの有無を選べます。

キーケースは1サイズ(財布Sと同じ)、内装は同じでストラップの有無を選べます。

ウォレットコード、ロープは長さをオーダーできます。

  

完成に近づく手ごたえが嬉しくて、ついインスタでチラ見せしたからには、fripon-friponneさんでの展示にも間に合わせたいと思って、ひたすらサンプルづくりに費やした日々。

この後のブログで、続けて商品ごとに紹介します。

   

1/30(土)からの「育てる手ざわり」でも実物をご覧いただけます。

(オーダーのみの受付、納期は3月上旬~末です)

  

只今、ウェブストアでも販売できるよう準備中。販売は2/20からです。

nuitomeru SOTRE

(2/10から商品ページをご覧いただけます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

商品紹介(ブログ記事)はこちらから↓

鹿革小財布 M(ちいさいふ)

  ちいさいふ プレーン

  ちいさいふ+ストラップ

  ちいさいふ+ショルダー

鹿革小財布 S(ちいさいふショート)

  ちいさいふ ショート

鹿革キーケース

  キーケース プレーン

  キーケース+ストラップ

DEER×DEER HORN ロープ

  ショート / ロング

commentする



ページの先頭に戻る