撥水ナイロン×牛革のトートバッグ

2020-10-8

2年前に少し変わった生地が2反手に入りました。キャンバスのような、厚手でハリのあるナイロン生地。

高密度ナイロンに特殊な加工を施すことによりマットな表面感に仕上げられたナイロンです。

こういった特殊生地は繊維企業が開発し商品化されているため、すでに製品になって出回っているのでそれほど珍しい素材ではないのですが、生地を個人で購入(仕入れ)するにはハードルが高く、手に入りづらいのです。

特殊ナイロンの性質である堅牢度、劣化耐久性、撥水性を保ちながら、キャンバスのような手触りと硬さ、なにより軽いうえに強い素材。

これは大きいバッグには最適ではなかろうかということで、牛革とのコンビで、大きなトートバッグに仕立てました。

以前から山羊革でつくっている大きなトートバッグと同じかたちです。

このかたちは、バッグにものを入れた状態でもきれいな見え方になるようにと、マチの構造に工夫があります。

そのため、マチの紐を結んで使えばコンパクトにも使えます。

牛革でこの大きなバッグを、8年前に友人の依頼で「仕事で出張の時に宿泊の荷物をそのままオフィシャルな場所へ持っていけるように」という使用目的のために作ったのです。

その後山羊革で商品化したのですが、山羊革は牛革に比べて軽い革ではあるものの、オールレザーではどうしても本体自体が重くなってしまい、出番の少ないバッグになってしまうかなと思っていました。

その点、こちらのナイロンバッグはだんぜん軽い。

革とのコンビでカジュアル感がほどよく抑えられているので、黒はオフィシャル、カジュアル、どのシーンでも馴染んでくれそうな雰囲気に仕上がっていると思います。

内側には長財布も入る25cmの深めファスナーポケットと、手帳やスマホ、水筒を立てて入れられる大小のポケットがついています。

サイズはLサイズ(ハンドルは長いタイプのみ)、ブラックとベージュの2色展開です。

  

10月「List:」さんでの個展では、数量限定(完売後オーダー・上限数有り)で販売いたします。

WEB(ヌイトメルストア)では、山羊革とのコンビ(ブラック)を数量限定で販売しています。

牛革とのコンビ(ブラック/ベージュ)は、WEBストアでは11月から販売予定です。

commentする



ページの先頭に戻る