柿渋染めのバッグ

2015-5-29

mn_150529-3

鹿革の柿渋染めは、表情がひとつひとつ違う1点もの。

mn_150529-1 mn_150529-2

革の厚みやコシ、伸び方向などの革質を考慮して裁断するものなのですが、
刷毛染めの場合は、それに加えて染めの濃淡や刷毛方向の組み合わせにも神経を使います。

染める前はうっすらもも色のような、生成りのヌメ鹿革。

mn_150529-4

染める前には隠れているキズや、ソバカスのような斑点が、染めると次第に浮き出てきます。
こういうナチュラルマークもいかして使う。
そして、それがカバンの個性としてあらわれるので、まずはじめに気を使うところでもあります。

mn_150529-5 mn_150529-6

柿渋染めのシリーズはひとつひとつ個性が違うため、
実際に見ていただいて、直接お伝えできるときだけに販売しています。
  
 
イタリア製、数10年前のデッドストックファブリックのボストンバッグには、
きれいなブルーのイタリアンショルダーヌメを合わせました。
このボストンは人気があって、数に限りがあるため小出しにしていたのですが、
今回久しぶりに作りました。
生地がもうなくなってしまいましたので、これで最後になります。

mn_150529-7

5/30から「にわのわ アート&クラフトフェア・チバ」に参加します。
土曜は暑く、日曜は雨が降る予報ですので、
暑さ対策、雨対策を考えて、準備中です!

コメントは停止中です。

ページの先頭に戻る