革イロイロ・ヌイトメルで使用しているもの

2015-5-6

※参考:「なめし」について

■ゴート ヌメ (山羊革・タンニンなめし・国産)
 
柔らかくコシがあり、表面の美しいシボが特徴の山羊革。ヤギはアジアやアフリカなどで家畜として一般的に飼育されており、山羊の皮からつくられるゴートスキン(仔山羊はキップスキン)は、主にインドやパキスタンで製造されています。
ヌイトメルでは、その原皮を国内でタンニン(渋)で鞣し、染料のみで染め上げられた山羊革を使用しています。
均一で無機質な質感にはならず、味わい深い風合いに仕上げられています。
山羊革は革表面(銀面)が磨耗しにくく、柔らかくしなやかでありながら、適度に張りもあって軽いのが特徴です。
皮膚構造は成牛革よりも薄く仔牛革(カーフ)に近いですが、皮膚表面側の層に見られる弾性繊維(コラーゲン・エラスチン線維=皮膚を構成するたんぱく質の一種)が、特に表面に対して水平に密に交絡していることから、銀面(革表面)が強いという特徴があります。
また皮膚下層の線維束にはエラスチン繊維が多いうえに交絡が成牛革に比べて少なく、革の製造工程で細かい線維に解けるため、強靭で適度に張りがあり、柔軟かつ軽量という山羊革の特徴が生み出されます。
薄く軽いうえに銀面が強く磨耗しにくいため、一般には本の装丁や衣料、手袋など、幅広く利用されています。
お手入れの方法は、牛革など一般的な皮革と同様です。

(参照:お手入れ方法
 
 

   ●カラー 
カーキブラウン ダークブラウン ブラック
準備中 準備中 goat-BK

 
 
  → この革を使っている商品 
     ゴート・トートバッグ   

     ゴート・フラットトート 

     ゴート・フラットショルダー  
 
  
■ゴート ヌメ (山羊革・タンニンなめし・インド産)(※2015年・廃番)

ヌイトメルで、2015年半ばまで使用していた、インド産(インドで鞣された)山羊革です。
取り扱いは国産ゴートと同様です。お手入れ・修理等があれば、承ります。
 
 

   ●カラー 
  ライトブラウン カーキブラウン チャコールグレー ブラック
  goat-LBR goat-KH goat-CGR goat-BK

 
 
  → この革を使っている商品 (在庫限り)
     ゴート・3ピーストートバッグ  
 
 
■ラム ヌメ (子羊革・タンニンなめし・フランス産)

表面の個性的なデコボコとしたシボが特徴の子羊革。
線維組織がつまっていないため、軽く柔らかく、ふっくらとした手触りです。
ナチュラル(未染色白ヌメ)のラム革は、そのままでは非常に繊細なため、裁断後に表面にオイルを含ませています。こうすることにより、汚れやシミが付くのを少し和らげることができます。
お手入れの方法は、牛革など一般的な皮革と同様です。

(参照:お手入れ方法

 

   ●カラー 
  ナチュラル ブラック
  ram-NA ram-BK

コメントは停止中です。

ページの先頭に戻る