個展のお知らせ(別府)

2017-8-20

別府市「SPICA」さんで、はじめての個展です。

鹿革、山羊革、牛革のバッグを中心に展示をします。

巾着トートS・MS・M と、
山羊革のフラットトート、フラットショルダー、トートバッグS・M・L は、
当日にお買い求めいただける展示販売分をご用意いたします。
初日に在店いたします(11時半ごろから閉店時間まで。)ので、
ご要望があればお気軽にお申しつけください。

即売商品は、在庫がなくなり次第に受注販売になります。
(山羊革のバッグは展示販売分のみので、受注は受け付けておりません。)
また、ご来店のお客様を優先させていただきますので、会期中の通販は不可となっております。
恐れ入りますが、ご了承くださいませ。

nw_170820-3

nuitomeru exhibition

 2017年9月16日(土)〜26日(火)
 店休日:水・木曜日

 在店日:9/16(アツコ)

 at:SPICA

commentする



2017・夏季休業のお知らせ

2017-8-3

夏本番、毎日暑い日が続きます。

誠に勝手ながら、下記日程でお休みを頂戴いたします。

 2017/8/11(金)~ 8/17(木)

上記期間中はメールの返信および発送作業ができませんので、
期間中にいただいたメールへは、8/18以降に返信させていただきます。
恐れ入りますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 
 
9月の個展(大分県)のお知らせは、8月下旬にアップする予定です。

nw_170803
暑い夏にぴったり、梅シロップのタンサン割り。

commentする



2017・工房移転のお知らせ

2017-6-25

この度、工房を移転いたしましたので、お知らせいたします。
現住所(自宅)から2km程、JR膳所駅から徒歩10分程度の場所です。
昨年秋ごろから少しずつ準備を始めていましたが、改装がひと段落して、GWの連休を利用して本格的に引越し、5月の連休明けから新工房での製作が始まりました。
移転後も現住所は事務所として活用しますので、連絡先・電話番号の変更はございません。

自宅内の工房では作業スペースにもかなり無理がでてきていたのと、駅から遠い自宅だったためにお客様にお越しいただくのが難しい状況があったのですが、直接手に取ってみていただける場所の必要性を感じていて、それなら現場の雰囲気も感じていただけるようなスペースがいいと思っていました。
そこで、移転を考え始めたのが昨年10月。
良いところがあれば、という気持ちでゆっくりのつもりが、まさかの急ピッチで物件が決まり、改装が今年の2月からスタートしました。

平日は仕事を止めずにハイペースで製作を進めながら、個展やイベント出展もこなして休みなしの改装準備と引越し作業はなかなか大変ではありましたが、大阪から移ってきたときと比べたら、かなりラクチンな引越しで。
狭いところから広いところに移るこの快適さったらないです。

kt_170625-01

工房の内装、外装、イベント出展で使っている備品などは、いつも「オカヒロフミ」さんに造っていただいています。
この度も岡さんやそのお仲間のみなさんに、何度も大阪から泊りで通っていただきました。
インスタグラム「itumokokoroniokahirofumi」に工事の様子をちょこちょこアップされています。
インスタのコメントからもにじみ出ている人柄、もろもろぜんぶ含めて、岡さんに依頼するのが楽しいのです。
その製作過程や造形を眺めるのは完全に夫の趣味になっていますが、
大阪にいた頃からお世話になっているので、もう10年を超えるお付き合いです。
間取りと棚の配置などをある程度決めたら、作りこみ、造形はお任せしていて、
工房なのでこちらの要望も多くて、重量物が入ったり、やたら棚が多かったりするのですが、
普通の棚でなかったり、機能的なうえに何かしらの面白みを加えてこちらの期待を超えてできあがっていくのが楽しみで、
扉や窓、壁、床、階段、大棚小棚などなど
実はすごく緻密な計算の上に作り上げられていて、
靴を履いたくつ箱だったり、鍵盤のような階段だったり、
今回もとってもおもしろい空間にしていただきました。

kt_170625-02 kt_170625-03 kt_170625-04
kt_170625-05 kt_170625-06 kt_170625-07 kt_170625-08

もとは1980年代ごろに喫茶店 → 事務所だった物件。
忍者屋敷のような恐ろしく急な階段を上がった二階は、はじめ住宅つぎに社宅にされていた様子で、
脱衣場のないお風呂横の洗面所から続いた廊下とキッチンに和室、
がさつな間取りだったり、和洋折衷な建具類、上下階にある無駄に広いトイレ、装飾のデザインや微妙なバブル感がどうしようもなかったりするけど、
角地なので見晴らしも悪くなく、裏は調整区域の荒れ地で6枚並んだ窓から絵画のように竹やぶからの稜線が見えていたり、開放的な景色はわりといい感じ。
裏に鶯が住み着いているのか、茂みからはホーホケキョ。たまに薄緑のかわいい姿も見せてくれます。

不要なものは全て解体し、地盤が沈下してゆがんだ増築部分の床や壁を修正し、
ぴかぴかした大きな蛍光灯をシンプルなLED灯に取り換え、
妙な喫茶店感が漂う雰囲気を取り除くのと、工房としての動線機能を盛り込むために
最終的に窓以外には全部手を入れることになったので、かなり大掛かりな改装になりましたが、
1階から階段までの工事は、6月はじめに一旦終了を迎え、
喫茶店の調理場だった場所から奥は、革や資材、製品も格納できる日光を遮断した広いバックヤードになって、
天井が高いうえ、大きな窓のおかげで、明るくて、広い作業場!
素晴らしく仕事がはかどる理想の工房になりました。

kt_170625-09 kt_170625-10 kt_170625-11 kt_170625-12 kt_170625-13 kt_170625-14

改装の工程をざっくりと見てみると。↓

kt_170625-15 kt_170625-16 kt_170625-17 kt_170625-18 kt_170625-19 kt_170625-20 kt_170625-21 kt_170625-22 
kt_170625-23 kt_170625-24 kt_170625-25 kt_170625-26 kt_170625-27 kt_170625-28

kt_170625-29 kt_170625-30 kt_170625-31 kt_170625-32 kt_170625-33

改装前はこんな感じです。 ↓

kt_170625-34 kt_170625-35 kt_170625-36
kt_170625-37 kt_170625-38 kt_170625-39
kt_170625-40 kt_170625-41

ここまでで第1期。2階はスケルトン化して間取りを決めて・・・
いつ完成するのかを想像すると気が遠くなりますが・・・外装も含めて妄想中です。
 
 
いつもこういうことをすると思いますが、空調などの電気工事やトイレなどの水回り、
重量運搬や建物の補修、産廃処理など改装に付随するプロの仕事を見るにつけ、
それぞれの役割分担というか、それぞれの仕事のうえに自分たちの心地よい生活がつくられているのだと改めて感じています。

kt_170625-42 kt_170625-43 kt_170625-44
kt_170625-45 kt_170625-46 kt_170625-47

今後は工房で商品をご覧いただくことができますが、
外出していたり、日中は製作をしておりますので、必ず事前にご連絡をいただきますようお願いいたします。
工房前には2台程度の駐車スペースがありますので、お車でお越しいただけます。
(最寄り駅(膳所駅)前に、有料パーキングがございます。)
名神高速大津インターから車で2分、
JR琵琶湖線「膳所駅」(京都駅から普通電車で10分)、京阪京津線「京阪膳所駅」より、徒歩10分程度です。
アポイントやアクセス方法などについては、後日お知らせいたします。

commentする



床が抜ける

2017-6-18

dy_170618-1

このところ、私生活ではちょっとしたトラブル続きで、
先週の土曜の朝、棚が大きく傾いているのを夫が発見し、
大きな本棚の床の片一方が突然沈み込み、危うく底が抜けそうになっている状態で、
びっしり詰め込んだ棚の本やらCDやらをそろそろと取り出し、天井まで作り付けた本棚4面を取り外し、
床をめくって、近くの工務店へ駈け込んで、
今、部屋の中はこんな状態です。

dy_170618-2 dy_170618-3 dy_170618-4

本棚はとりあえず外へ。空梅雨で良かった。
ひとまず床の補強と張替えをすることになって、週末、無事に本棚は元通りに。
今日、散乱した本を戻しています。

dy_170618-5

古い家なので、こういうこともあるんですね。
我が家は築40年の家をリノベーションして住んでいて、
もともとは居間の端にあった1畳分くらいの板間の一角に、本棚を作りつけてもらったのですが、
床をめくって、床下の構造までは見ていない部分でした。

意外にシンプルな床下の構造に驚くとともに、
本棚にはぎゅうぎゅう詰めにしていたので、それはそれはすごい重量だったはず。
よくこれまで、床を支える釘が耐えてくれたもんだと、逆に感心してしまった。
本が重すぎて部屋の床が抜ける、なんて作り話と思っていたことも、
実際にあるんだな、と思いました。
普段あまり目をやらない場所なのに、本棚の傾きを早い段階で気づいてくれてよかった・・・
 
 
長男が春から小学校のバスケットボールのチームに入ったのですが、
小学校の体育館の改修工事のため、まさかの8か月間も学校の体育館が使用できない、というのです。
なので、今月から毎週土日に他の小学校や県立体育館、等々でバスケットコートを借りて練習するという・・・
来年2月まで土日休みなしです。毎回送迎が必要なんです。
長男はとってもやる気になっているので、親としては水を差したくないですが、
子どもがスポーツするだけで、保護者は予想以上にたいへんなんだなと。
たかがバスケなんですが、普段練習できるところがほんとになくて。
ボールをつく音が響くので住宅地では迷惑になってしまい、だからといって公園も住宅地内にあるし、車道にボールが出るから危なかったり、学校敷地内には17時までしか残れなかったり、子どもの遊ぶ環境に制約がありすぎて、参ってしまいます。

dy_170618-6

他にもなんやらかんやらありまして、
新しい工房への機械引越しも相当大変だったり、
3月に2階の雨漏りを修理したのに直ってなかったり、
壁の通気口の中で、鳥(モズ)がヒナを育てていたり、
細かいことでも色々あったのですが、
壊れていた瓦の取り換えが終わって、ようやくヒナが巣立って、
改装では最終の工事だった階段まわりも完成して、ようやく改装もひと段落しました。

dy_170618-7 dy_170618-8

ということで、新しい工房の工事が一旦終わりましたので、
新工房と引っ越しのことは、来週くらいに書きたいと思います。

(アツコ)

commentする



2017春・クラフトフェアが終わりました。

2017-6-11

春のクラフトフェア出展が終わりました。
気付けば6月も、もうすぐ半ばです。
ブログが5月の初めで止まってしまっていましたが、
今年も倉敷とまつもと、2つのクラフトフェアへの出展が無事に終わりました。

「フィールドオブクラフト倉敷」では、当日の朝まで降っていた雨が止み、
雨に降られることなく、無事に2日間過ごすことができました。

iv_170611-1 iv_170611-2

「クラフトフェアまつもと」では、2日間とも良く晴れ、
昨年とは違う場所での出展になりましたが、
今年もたくさんのお客様にお立ち寄りいただきました。

iv_170611-3

皆さま、ありがとうございました!!

クラフトフェア出展は、今年は春だけの予定です。
次はまた来年春、どこかのクラフトフェアに出展できたらなぁと思っています。
 
 
7~9月は、秋以降の個展準備と、ウェブオーダー分の製作です。
現在、ウェブオーダーは8月納期(2か月後)でお受けしておりますが、
年内のオーダー受付可能数は、8月以降、数を制限しますので、
これより徐々に納期が延びていくことになりそうです。
恐れ入りますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 
 
また、このところブログなど、情報の更新が滞っていますが、
スマホでも見やすくなるように、少しだけサイトリニューアルの準備もしています。
少しずつですが、色々と更新していきますので、よろしくお願いします!!

commentする



ページの先頭に戻る