新しい挑戦

2020-9-13

急に朝晩涼しくなって、秋のはじまり、夏の終わりです。

手を動かしている時間は、同時に考えている時間でもあって、

わたしたちは、毎日新作やこれからのこと、いろいろと考えながら作業しています。

そんな日々のなか、春のあるときふと閃いて

「ベーグル」を作ることに決めました。

並べてかわいい佇まい

シンプルで、ヘルシーで、美味しくて

主食にもオヤツにもなり

食べたらなくなる。

おまけに bagel のなかに bag が隠れていることにも、勝手に縁を感じたのです。

  

やるからには、本気でやります。

毎日料理をしていて、食べるのも作るのも、ふつうに好きで、

本気でやればきっとできるという妙な自信だけはあり、

ふたりで話し合い、やってみようとなったので

自らにスイッチを入れました。

中途半端なことはしたくないので

bagの新作を作るのと同じように

素材やレシピ、工程を変えて何度も試作。

ヌイトメルをはじめたころを思い出し、

これから、ベーグルを量産し販売するまでを構築します。

試作、試食、リサーチを繰り返す日々の中で

ベーグルも作り手の個性やこだわりが強く反映されるものだと、改めてわかりました。

モチっと、ムギュと、パリッと、

ズッシリ、フワッと…

考え方が人それぞれ違うのと同じように

やはり業務的に数をこなすものと

個人店のものでは

味や食感、材料、演出も違う。

  

ものが溢れるこの時代に、ものを増やすことへの罪悪感は常にあって、

シンプルライフを素敵だと思いつつ、でも、ものを愛でることが好きで、ものを作るしかできないわたしたち。

「消える」ものをつくること、場所をつくることへの憧れもありました。

予測不可能なこのコロナ禍では、数日、数ヶ月先が数年先のように見通せず、

これから世の中の色々なところにその影響がでてくると思われますが、

自分たちなりに、創意工夫で歩んでゆくことを決意しました。

(外出を控えたいときには不要不急の極みである)バッグを

製作する合間を縫って、毎週休日のベーグルの試作期はしばらく続きますが、

その日々をブログ、インスタで少しずつ綴っていきます。

  

一方、不要不急のバッグたちではありますが、

そんなときでも必要とされるもの、ほしいと感じてもらえるものを作りたいという思いがあり

こちらの「モノづくり」も、もちろん続きます。

前々から工房内でも展示会をできないかと考えていて、この機会にその準備も少しずつすすめています。

  

1階の作業場は人の出入りがほとんどない閉じた場所だったので、

2階の展示スペース、キッチン、オープンスペースの3部屋は、

展示会のショールーム以外にも、レンタルしたり、ワークショップにも利用できるような

開かれた、人が集う場所にしたい。

料理教室、ごはん会、期間限定のカフェやショップ、

フィットネス、撮影会、勉強会、映画の上映会などなど、

使い方は色々考えられるし、

やる気になればオンラインの展示会だって、できそうです。

いずれ、気兼ねなく移動できるときがきたら、

全ての商品を手にとって見ていただけるようなショールームにしたいし、

そのとき、ベーグルも楽しんでいただければと。

   

観光地としては地味な滋賀県、大津にも魅力的な場所があるので

そういうのも少しずつ紹介していければと考えていて、

ベーグルが、人の縁をつなぐアイテムのひとつになればいいなと思っています。

  

ヌイトメルをはじめたときから考えていることは変わらず、

納得いくものをつくっていきたい。

そういう価値を共有し、誠実に届けたい。

BAGBAGEL も、そして次に続く何かも。

   

さて、もうすぐ秋ということで、10月の展示会にむけてバッグや小物も作っていきますので、また後日紹介します。

(アツコ)

commentする



オンラインストア・9月期間限定オープンのお知らせ

2020-9-11

オンラインストア(クレジット決済可)、9月の販売日程のお知らせです。

  

● 9月・オープン日程 (下記にてご案内)

9月は、新作バッグを数量限定でプレ販売します。

  ナイロン×山羊革 トートバッグ Lサイズ ブラック

ナイロンなのにマットな表面でカジュアル感がほど良く抑えられています。

薄手の帆布のような堅さでありながら、軽くて撥水性があります。

大きなバッグですが、マチの紐をくくって抱えるとそれほど大きく感じられません。オールレザーでは入れるものが増えると重くなってしまいがちですが、このバッグは軽くて強い、自立するナイロンバッグです。

山羊革とのコンビはヌイトメルストア限定です。

(価格:38,000円+税)

他にも、下記のバッグを販売予定です。

  

「巾着バッグ S・MS・M・LS・L サイズ」 ブラック

「巾着ポシェット」 ブラック・ダークブラウン・チャコールグレー

「山羊革ジップショルダー S・Mサイズ」ブラック

「山羊革フラットトート S・Mサイズ」 ブラック・ダークカーキ・ヌバックグレージュ

「山羊革フラットショルダー XS・S・Mサイズ」 ブラック・ダークカーキ・ヌバックグレージュ

「山羊革フラップポシェット」 ブラック・ダークカーキ・ヌバックグレージュ

鹿革「押口財布」「押口キーケース」 ブラック

鹿革「ピューター刺繍ブレスレット」 ブラック

  

こちらのオープン日にご注文いただいた商品は、9/23(水)より順次出荷予定です。

お急ぎの場合や日時指定はご注文時にその旨お知らせください。可能な限り対応をさせていただきます。

 

オンラインストアは完売次第に終了となりますが、このホームページの商品ページからは常時ご注文いただけます。

また、ストアの商品で、お支払い方法に銀行振込・代金引換をご希望のかたは、ストアにてご注文をいただく前にお知らせください。メールにてご注文の対応をさせていただきます。(在庫がなくなり次第、予約注文になります)

また、ロープの長さ等のカスタマイズについては期間限定ストアでは現在お受けできませんので、このホームページ内の商品ページよりご注文ください。

ご不明な点やご要望がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

  

・・・・・・・・・・・・

オンラインストア・9月オープン日程

【9月19日(土)午前10時からご注文受付開始 ~ 9月27日(日)終日まで】

こちらよりご注文いただけます。

 ↓ ↓

nuitomeru STORE

コメントは受け付けていません。

撥水ナイロン×牛革のトートバッグ

2020-10-8

2年前に少し変わった生地が2反手に入りました。キャンバスのような、厚手でハリのあるナイロン生地。

高密度ナイロンに特殊な加工を施すことによりマットな表面感に仕上げられたナイロンです。

こういった特殊生地は繊維企業が開発し商品化されているため、すでに製品になって出回っているのでそれほど珍しい素材ではないのですが、生地を個人で購入(仕入れ)するにはハードルが高く、手に入りづらいのです。

特殊ナイロンの性質である堅牢度、劣化耐久性、撥水性を保ちながら、キャンバスのような手触りと硬さ、なにより軽いうえに強い素材。

これは大きいバッグには最適ではなかろうかということで、牛革とのコンビで、大きなトートバッグに仕立てました。

以前から山羊革でつくっている大きなトートバッグと同じかたちです。

このかたちは、バッグにものを入れた状態でもきれいな見え方になるようにと、マチの構造に工夫があります。

そのため、マチの紐を結んで使えばコンパクトにも使えます。

牛革でこの大きなバッグを、8年前に友人の依頼で「仕事で出張の時に宿泊の荷物をそのままオフィシャルな場所へ持っていけるように」という使用目的のために作ったのです。

その後山羊革で商品化したのですが、山羊革は牛革に比べて軽い革ではあるものの、オールレザーではどうしても本体自体が重くなってしまい、出番の少ないバッグになってしまうかなと思っていました。

その点、こちらのナイロンバッグはだんぜん軽い。

革とのコンビでカジュアル感がほどよく抑えられているので、黒はオフィシャル、カジュアル、どのシーンでも馴染んでくれそうな雰囲気に仕上がっていると思います。

内側には長財布も入る25cmの深めファスナーポケットと、手帳やスマホ、水筒を立てて入れられる大小のポケットがついています。

サイズはLサイズ(ハンドルは長いタイプのみ)、ブラックとベージュの2色展開です。

  

10月「List:」さんでの個展では、数量限定(完売後オーダー・上限数有り)で販売いたします。

WEB(ヌイトメルストア)では、山羊革とのコンビ(ブラック)を数量限定で販売しています。

牛革とのコンビ(ブラック/ベージュ)は、WEBストアでは11月から販売予定です。

commentする



オンラインストア・8月期間限定オープンのお知らせ

2020-8-2

オンラインストア(クレジット決済可)、8月の販売日程のお知らせです。

  

● 8月・オープン日程 (下記にてご案内)

「巾着バッグ S・MS・M・LS・L サイズ」 ブラック

「巾着ポシェット」 ブラック・ダークブラウン・チャコールグレー

「山羊革フラットトート S・Mサイズ」 ブラック

「山羊革フラットショルダー XS・S・Mサイズ」 ブラック・ダークカーキ

「山羊革フラップポシェット」 ブラック・ダークカーキ・ヌバックグレージュ

鹿革「押口財布」「押口キーケース」 ブラック

鹿革「ピューター刺繍ブレスレット」

  

上記に加えて、2WAYボストン2型を限定販売します。

本体にカーフ、ハンドルと底部分に牛革を使用したこげ茶のボストンと、

イタリア製ビンテージファブリック×ネイビー牛革のボストン、

各1個限定です。

  

「仔牛革×牛革 2WAYボストン」  ダークブラウン

「ビンテージファブリック×牛革 2WAYボストン」 ネイビー

   

  

こちらのオープン日にご注文いただいた商品は、8/24(月)より順次出荷予定です。

お急ぎの場合や日時指定はご注文時にその旨お知らせください。可能な限り対応をさせていただきます。

 

オンラインストアは完売次第に終了となりますが、このホームページの商品ページからは常時ご注文いただけます。

また、ロープの長さ等のカスタマイズについては期間限定ストアでは現在お受けできませんので、このホームページ内の商品ページよりご注文ください。

ご不明な点やご要望がございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

  

・・・・・・・・・・・・

オンラインストア・8月オープン日程

【8月22日(土)午前10時からご注文受付開始 ~ 8月30日(日)終日まで】

こちらよりご注文いただけます。

 ↓ ↓

nuitomeru STORE

コメントは受け付けていません。

これからのこと

2020-8-13

6月になって学校が再開し、ニューノーマルな日々がはじまって、

速い毎日がさらに速く過ぎてしまって、あっという間に8月のお盆です。

中学校の部活では3月からの唯一の試合が7月下旬の半日限り、それが先輩の引退試合。そして短い夏休みに突入しました。

春、自粛中の時間の余裕というやつは、子どものいる自営業には皆無でして、

逆にスーパー忙しかったなぁと振り返っています。

   

毎日更新されていく情報、ものすごく煩雑な手続きの書類に翻弄され、シビアな判断も必要な日々。

子どもたちの休校中にはたくさんの課題、中には無意味とも思えるものもあって、休校が明けたらあたらしい宿題、

せっかくたっぷりあった時間は、普段できないことにじっくり取り組むチャンスだったのに

読書の一言感想には書き出しの言葉や文字数などの縛りが曜日ごとに決められていたりとか、

教科書を写すだけ(イラストまで)だとか、首を傾げたくなるような苦しまぎれの課題にも時間を費やし

結局は時間に追われる日々を過ごすことになってしまった。

子どものためという名目で、大人が安心したいだけじゃないかと思ってしまう。

学習が遅れないためという理由の裏側、本音は評価するための課題なんだろうなぁ。

なんとかして成績をつけなくちゃいけないという圧が、そうさせてしまうのだろう。

本来は目的のための手段のはずが、いつのまにか手段が目的になる、ていうありがちなこと。

すべきことの時間に縛られ、こなすことが目的になってしまうと、自分で探して選んで決めることができなくなってしまう。いつの時代にも必要なのは、自分で決めて自分で考え、行動する人材なんじゃないのかなぁ。

自粛中、教育についてのコラムをたくさん読み、動画もたくさん観ました。

日本の公教育は、新しいことを取り入れても、これまでのことを捨てられないのだそうです。

結果、やるべきことばかりが増えていって、どれもこれも中途半端になってしまう。

不平等を過度に恐れるあまり、足並みをそろえようとして決断が遅くなり、

結果、すでにある不平等が拡大する。

それぞれの場所でみんなが良かれと思い一生懸命にやっているのに、

なぜかうまくいっていない気がするのは何故なんだろう。

秋冬また休校になったら次はどうするのかと心配しているが、

・・・こんなことばっかり言っていたらきりがないので、

そろそろヌイトメルの話にかえます。

今はコロナ禍、これまでの世の中とはおおきく変わってしまったので、

喫緊の課題はこの時代の激流の中で自分たちなりにどう対応して変化していくか、なのです。

今までのやりかたを続けていくだけでなく、もっと柔軟に行動しなければいけない。

材料が潤沢に手に入る状況が、このまま変わらずに続くのかさえわからない。

そうなれば、いずれこの仕事を続けていけなくなるかもしれないと

そんなことも頭をよぎるくらいのおおきなショックで、

いろんなことを考えました。そして今も考え続けています。

そして、ヌイトメルをこれからどのように続けていこうとしているのか、少し触れたいと思います。

  

そういえば、ふたりとも20数年前にはバッグを作って販売することになるとは思ってもいなかった。

けれど、何かを作る仕事がしたいということ、

作ることを通して、仕事を通して、心豊かに生きられたらと

はじめはぼんやりと考えていたことが、

それぞれの経験や出会い、ご縁がつながって、今のヌイトメルが成り立っています。

紆余曲折を経て滋賀にきて9年、今の工房に移って3年、そしてコロナショック。

このショックはまだおぼろげだった妄想を具体的にイメージしていく機会になりました。

あとは、現実に変えるための行動。

これまで考えていたことを早送りして、今からチャレンジを始めるための準備に取り掛かっています。

それが、もう少しカタチになったらここでお知らせします。

・・・多分、お知らせできるのは夏の終わりくらいになるかと。

  

そうそう、この機会に、ずっと逃げていたインスタグラムも始めようと思います。

どうも苦手なSNS、素早い反応はできないかもしれないけど、

変化を受け入れて変わらなきゃ、ということで。

(アツコ)

commentする



ページの先頭に戻る