黒のバッグ

2015-2-8

「黒」といっても黒色にはいろんな黒があります。
一言では言い表せない黒色。
 
昨秋ごろから要望のあった、黒のバッグを作っています。
鹿革の黒は、ロープも黒で。

チャコールグレーの鹿革にあわせるロープを黒に変えるだけで雰囲気が変わりました。(下の画像3つ)
少しずつ飴色に変わっていくいつもの白ヌメ革のロープも好きですが、
黒にすると大人っぽい、シックな色合い。

 


 
 
山羊革では、チャコールグレー(下画像左)と黒(下画像右)。
微妙に違う色。この微妙さがいい感じです。
浅い黒と深い黒、お好みで選んでいただけます。

山羊革のトートバッグは、少し前に紹介した大きいトートのシリーズと、
もう一型。
持ち手の素材と長さ、付け方とステッチ、口を留めるホックの付きかたやポケットの仕様、
フォルムがそれぞれ微妙に違うトートバッグのバリエーションは、
今週水曜(2/11)からの、長崎[List:]さんでの展示会で、じっくりご覧いただけます。

 

革の表面が強い山羊革なので、底やカドのスレも鹿革よりは気にせずに使える、はず。
山羊革のおおきなトートバッグのLサイズを、いま試しに使っていますが、
柔らかくてもコシがあって、へたらない感じがトートバッグにむいているように思います。
 
 
黒などの濃色の革は色落ちや色移りが気になります。
白い服に合わせる場合はご注意いただかなくてはいけません。
そのことについては、また後日改めて。

(2015.2.20 追記)
この記事に載せています鹿革の黒のバッグ、チャコールグレーの黒ロープについては、
現在受注販売で対応しております。
巾着トートバッグおよび、パッチワークポシェットの商品ページから、ご注文ください。

現在、山羊革のバッグなど、黒いバッグシリーズは商品ページに反映されておりませんが、
2月末~3月初旬頃にかけて随時追加する予定です。
恐れ入りますが、もうしばらくお待ちくださいませ。

(2015.3.18 追記 / 3.24 更新 / 4.14 更新)
【黒ロープの巾着バッグのご注文について】
現在、オーダーが立て込んでおり、鹿革の入荷待ちとなっております。
お届けは下記の通りとなっております。
素材の入荷にあわせて、随時お届け日については変更していきますので、
恐れ入りますが、しばらくお待ちくださいませ。

(3/24追記 素材が入荷しましたので、順次制作しています。)
(4/14追記 → 現在、納品まで5~7日程度となっています。)

 チャコールグレー × 黒ロープ(CGR(BK)) → 5~7日程度で納品 (4/14 更新)

 黒 × 黒ロープ(BK) → 5~7日程度で納品 (4/14 更新)
 
 
【山羊革のバッグについて】
商品ページの反映が遅れており申し訳ございません。
4月初旬にページを順次追加する予定です。

 4/14追記
 仕様などに一部変更があり、現在画像をご用意できておりません。
 商品について、詳細をご希望の方へは個別にご連絡いたしますので、ご連絡ください。
 ご注文から商品のお届けまでは、約1~2週間程度です。(4/14現在)
 納期は個別にご連絡いたします。

コメントは停止中です。

巾着トートLの留め具

2015-1-12

お知らせが遅くなりましたが、昨年秋から、巾着トートLの仕様を変更しています。
以前からご要望が多かった “口部分の留め具” に、「かくしマグネット」をつけました。

下の画像のように留まり、バッグを置いたときに口が開きません。
かくしマグネットですので、外からみた雰囲気は以前と変わりません。

後付けも可能ですので、以前にご購入されたかたでご希望のかたがいらっしゃいましたら
お気軽にお問い合わせください。
 
 マグネット付け修理費用 : 1,200円

  ※ 展示会およびイベントの際に持ち込んでいただき、ご依頼いただいても構いません。
    (完成品のお渡し方法として個別発送をご希望の場合は送料500円をご負担ください。)

  ※ 宅配でご依頼される場合は、恐れ入りますが、行きの送料と送料500円をご負担くださいませ。

 【ステッチの色について】
  (1)ライトブラウン・ネイビー・チャコールグレー : 糸色/薄ベージュ
  (2)ダークブラウン : 糸色/こげ茶

  ※(1)について、ステッチの色を本体と同色(近い色)でご希望される場合は、
    修理のご依頼の際にその旨をご連絡ください。
 

コメントは停止中です。

たけのこ掘り

2015-4-20

雨が降る日、家族で京都の山城に竹の子を掘りにいきました。
雨の中、ぬかるんだ地面からちょこっと頭を出した竹の子。
全員カッパと長靴で、泥だらけになりながら、
キズがつかないように丁寧に掘りおこしました。
この日はたくさん見つかって、1時間ほどで10kgにもなりました。

dy_150420-1 dy_150420-2 dy_150420-3

持ち帰って筍づくし。
筍ごはん、若竹、木の芽和え、焼き筍、味噌汁、お吸い物、
やわらかい穂先は、わさび醤油で。
ほりたてはほんとにおいしい!
旬の味です!

dy_150420-4

こうして、たまの休日は気分転換と家族サービス。
ふたりして体に鞭打って、遊びに行きます。
はっと気づけばもう月末。
5月の連休は町内のみこし担ぎを丸一日。
今年は自治会の係りがあるので、休みの日もなにかと用事がありそうな・・・
 
 
 
さて、やっと個展でオーダーをいただいたバッグの納品が終わりました。
長くかかってしまいましたが、お待ちいただきありがとうございました!

dy_150420-5

これからウェブページの画像を少しずつ追加していきたいと考えています。
山羊革のバッグについて、少しずつお問い合わせをいただいておりますが、
商品ページへの追加がたいへん遅れており、申し訳ございません。
ただ今準備中ですので、もうしばらくお待ちくださいませ。

(アツコ)

commentする



ふきのとう

2015-4-5

2~3月は土日も仕事をしていたので、納品が少し落ち着いた3月末の休日、久しぶりに朽木まで遊びに行ってきました。
昨年は3月末に福井県へ遊びに行って、たくさんふきのとうを採ったことを思い出し、今年もどこかに探しに行こうと言いつつ、時間がなくて結局3月末。
この時期にいちばん近場で見つけられそうなところ、といえば朽木かなということで。

この日はいい天気。
前情報では、ふきのとう採りは鹿と人との競争だと聞いていて、なかなか見つからないとのこと。
長男が、日当たりの良いところ、とか、雪の下、とか、教えてくれる。
なぜか詳しいので、なんで?と聞くと、学校で習ったと。
そういえば長男が小2になりたてのころ、国語で「ふきのとう」を毎日音読していたのを思い出した。
毎日の宿題の音読、本当に大変で・・・(親が。)

ありそうなところをうろうろしましたが、ほんとになかなか見つからない。
あきらめかけていたそのとき、ふと目に写ったふきのとうの花。
目を凝らすとあちこちにありました!
つくしも!
こどもたちと土手やあぜ道を歩き回り、たくさん収穫。
ひとまず目的達成です。

dy_150404-1 dy_150404-2

dy_150404-3 dy_150404-4

次は渓流魚センターでイワナ釣り。
ここの釣堀は入れ食いなので、すぐに釣れてしまうから、子どもを手っ取り早く満足させられます。

春のはじまりと冬のおわり。この時期の風景はとてもきれいです。

dy_150404-6 dy_150404-5

帰ってから、ふきのとうとつくしの天ぷらと、イワナの塩焼きとから揚げをたらふくいただきました。
花が咲きかけていたり、大きくなりすぎたふきのとうはふき味噌に。
ほろ苦い春の味を、堪能しました。

(アツコ)

コメントは停止中です。

春の道明寺天満宮手づくりの市

2015-3-24

日曜日、道明寺天満宮手づくりの市に出店してきました。
ぽかぽか陽気の暑いくらいの一日で、桜もチラホラ咲いてきていました。

iv_150323-2

太い枝から出てきた桜のつぼみがかわいらしく、
「春の準備してるでー」
と、次男が保育園で聞きかじってきたようなことを教えてくれました。

iv_150323-1 iv_150323-3

子どもたちは、毎度のことながらだんだん退屈してきて、
最後のほうはブーブー言ってましたが・・・

向かいのお店で黄色い花をつけたミモザを販売されていたり、
もう春だなーと。
4月から次男の保育園が変わったり、自治会の係りが回ってきたりと、
身の回りで少し環境が変わることがあって、なんだかソワソワしてしまいます。
新しくできた近くの保育園では、なんと年長さんクラスが一人きりという、
なかなか面白いことになってしまいました。
番長になれるな!と、テンション上げています。
最近行った入園前の面接で、あたらしい制服を見せてもらいましたが、
なんともラブリーな、リボンがついた水色のつば付き帽子が最高に似合わなくて、
ふたりで笑ってしまいました。

iv_150323-4 
 
 
日曜は久しぶりの友人家族が遊びに来てくれて、近況報告をしあったり、
懐かしい顔が見られたりと、うれしい一日でした。
花粉も黄砂も盛りだくさんだったせいか、
喉が弱いワタシは半日で喉がつぶれ、後半は声が出なくなってきてしまいました。
毎年この時期は、外に出るときは夫婦ともマスクです。(夫も黄砂に弱い)
ふたりとも本気のマスクでちょっと怪しいブースでしたが・・・
お立ち寄りくださったみなさま、有難うございました!
 
 
3/22はFIELD NOTEさんでの個展最終日。
道明寺で出店したその足で、そのまま奈良まで搬出に行きました。
期間中お越しくださったみなさま、ありがとうございました!
 
無事に春の個展や受注会が終了し、ひとまず一息。
といってもオーダー分の制作がまだまだ追いついていません。
革の入荷が遅れていたり、思い通りに制作が進まず・・・
来月からも出展予定が続きます。(年間スケジュールに随時追加中です。)
まだしばらく、がんばります!
 
(アツコ)

春の個展が終了しました。
ご来店くださった皆さま、有難うございました。
また、オーダーをいただいている皆さま、お待たせして申し訳ございません。
お届けまでもうしばらくお待ちくださいませ。

  ヌイトメル  重森 一祥 敦子

コメントは停止中です。

ページの先頭に戻る