押口さいふの販売

2019-6-15

押口シリーズのウェブ販売をはじめます。

押口財布(中にコインケース付き) 18,500円(税抜)

押口ポーチ S 8,900円(税抜)

押口キーケース(画像の紐付きタイプ) 10,000円(税抜)

キーケースは、押口ポーチ・Sサイズに鹿革の紐と真鍮キーリングを取り付けたタイプ。

片手でパチっと開けて鍵がつまめるので、片手がふさがっているときに鍵が開けられるのが便利です。

すべて、ブラックのみ在庫少量ございます。(完売後、受注になります)

こちらのページからご注文ください。

 → ヌイトメルの商品ページ・小物より

commentする



5月のおわりに

2019-5-30


10連休があっという間にすぎ、春のイベントがひと通り終わって、やっと時間に余裕ができてきたので

5月はひたすら洗濯と衣替え、気になっていたところの掃除、草刈り、散髪、

そして久しぶりのブログ。

  

混雑が苦手なので、連休は日帰りで夜中出発の淡路島へ。

せっかく晴れて朝4時過ぎから釣りはじめたのに、その日はまったくアタリがなく、

周りを見渡しても誰も釣れている気配がなく、

7時に移動するも、やっぱりどこも釣れていないように見えたのであきらめて、

道の駅で生シラス丼!と思っていったらすでに長蛇の列で、

こちらもあきらめて明石焼きを食べて、釣りを再チャレンジするも結局釣れず、

おまけに下の子が熱を出してダウン、

せっかくの淡路島なのに、もう帰るかと諦めかけたら、

長男がカメノテを見つけて、せっせと父子で取り始める。

松葉貝と亀の手でなんとかボウズは免れ、昼過ぎから帰路につく。

高速道路、京都南からの渋滞で普段は10分で帰れる道のりに+40分ほどかかってしまった。

帰ってからカメノテを塩ゆでして、

松葉貝とタケノコのバター炒めを作る。

せっかく淡路島の玉ねぎを買ったのにアジは釣れず、南蛮漬けの夢は破れたので、

またリベンジに行くぞと決意する。次は夏休みかな・・・

上の子が中学生になり、

下の子は4年生になり、

兄弟で予定が違うので、休みの計画を立てにくくなっていて、

もう家族での旅行も遊びも、予定と天気とのにらめっこで、

だからこういう連休にしか旅行に行けないなぁ、だからどこも混むんよなぁ、と、納得する。

天気が良くても釣れるとは限らないけど、

ダメなときもそれなりに楽しめるようになってきた長男を頼もしく思う。

そんな長男はこのところやたらはりきっていて、新学期はまずまず調子の良いスタートだったみたい。

少しずつ行動範囲が広くなり世界が広がっていく様子は、見ていて楽しい。

弟は10歳になる年で、この1年どう成長するのかが見もの。

兄弟でもタイプが全然ちがうので、どちらかに安心したらもう片ほうに不安なことがでてきたり、

先週も自分の未熟さにがっかりしてしまうことがあって、

正解がいつもわからない子育てだから

つまづいても、悩んでも、なんとかなると思える余裕をもっともてたらいいのに。

モノ忘れはどんどんひどくなり、小さな失敗も多くて、でも

まぁいいか、と思えるような図太さも大切にしたいと思う。

みんな元気なんだからそれでじゅうぶん。

(アツコ)

commentする



2019春までのイベント、終了しました

2019-5-26

2018年から続いてきた個展、イベントがやっと全て終わりました。

バタバタと過ぎていき、ひとつひとつの報告ができなかったので、

ちょこちょこ残していた画像のある展示だけざっと振り返ってみて、

時間の過ぎる早さに驚いています。


1年前の春から、

2018年 4月 vokkoさん

6月 chigiriさん、

10月 tonerikoさん、

2019年

2月 List:さん、

3月 暮らしの店 黄魚さん、

そして先日の、フィールドオブクラフト倉敷

この1年間は革の入荷が滞ったり、色々と難しかったこともあったのですが、

新作バッグも小物も完成したので、充実した内容だったかな、と改めて考えています。

今年の初夏は、また新作を形にしていくことにしています。

どんなものが完成するのか、うまくいくのか、

ふたりで相談しながら作っていきたいと思います。

この1年で、改めて感じたこと、考えを深めたこともあります。

また改めてブログに書き残していきたいと思います。

(アツコ)

commentする



展示販売のお知らせ(奈良)

2019-4-26

奈良市「FIELD NOTE」さんで、展示販売をいたします。

鹿革巾着バッグ各サイズ、山羊革バッグ(トート、フラットシリーズ、ジップショルダー)、鹿革押口財布のほか、新作の巾着ポシェット、山羊革オイルヌバックなど、それぞれ少量ずつですが、ご用意しています。

(今回はオーダーは受け付けておりません。完売後の追加も予定しておりません。オーダー会は10月頃に予定しています。)

近畿圏では展示会が少ないので、連休のこの機会にぜひお立ち寄りください。

・・・・・・・・・

ヌイトメルのバッグ

2019.4.26 (金) – 5.4 (土)

Open: 10:00 – 17:00  Closed: 日・月

at: FIELD NOTE

<2019.5.7. 追記>

FIELD NOTE さんでの展示、終了しました。

お立ち寄りいただいた皆さま、有難うございました!!

commentする



2019年 春の新作バッグ

2019-4-4

新作の「細マチ巾着ポシェット」を紹介します。

スカンジナビア北部ラップランドのサーミ(サーメ)族がつくる、トナカイ革工芸へのオマージュ。

日本でも巾着は印伝などの工芸品に見られるように昔から作られていましたが、同様に巾着型のバッグは古くから世界各地で作られ、生活の中で使われています。

鹿革に鹿の角ビーズを。

先日ブログで紹介した、鹿ツノのちくわビーズをループエンドに使っています。

絞った口部分の紐は、鹿革を細く切った革紐で1本ずつつくります。

稲藁を縄にするときに「藁をなう」というそうですが、同じ仕組みの紐。

そして、バッグサイドの細マチでは漉と折りに細やかな手しごとをいかします。

ショルダーには牛革の細ロープ。細紐なので、くくって長さを調節して、斜め掛けにも、短くして片方掛けで使っても。

見た目は小さく薄いバッグですが、長財布も入ります。

バッグの中には仕切りになるポケットもつけました。

構想から完成まで1年くらい費やしてしまったのですが、アイデアを練り上げて、ヌイトメルで定番の巾着バッグとはひとあじ違った雰囲気に仕上がりました。

シンプルな中に少しだけフォークロアな要素があるのも素敵かな、と思っています。

TRAMさんの展示会中にお持ち帰りいただけるように、いくつかご用意しています。

(完売次第にオーダーになります。)

今回、「TRAM」限定で、ピューター刺繍を入れたタイプもご用意しました。

スウェーデン製のピューター(錫と銀の合金)ワイヤーを縫いとめています。

サーミクラフトではポピュラーなピューター刺繍、二本どりの三つ編みで控えめに。

こちらは今回ブラックのみ、限定数でのご用意です。

・・・・・・・・・・・・・・

(2019.5.28 追記)

細マチ巾着ポシェット ウェブでのご注文受付は6月中旬ごろを予定しています。商品ページをご用意次第にお知らせいたします。在庫は若干数ご用意いたしますが、在庫がなくなり次第に受注(納期約1ヶ月程度)になります。

(2019.6.20 追記)

細マチ巾着ポシェットのウェブ販売を始めます。

ブラック・チャコールグレーは在庫少量ございます。在庫がなくなり次第に受注(納期約2週間~1ヶ月程度)になります。

  商品ページはこちらから → 細マチ巾着ポシェット

・・・・・・・・・・・・・・ 

もうひとつ、新作の革「山羊革オイルヌバック」

鹿革では幻になってしまった、墨黒(チャコールグレー)・グレージュをゴート(山羊革)で再現しました。

TRAMさんの展示会では、フラットトートSサイズで少量ご用意しています。

山羊革新色は、今回はお披露目に少しだけのご用意になりましたが、これから定番の革にしていく予定です。

(2019.5.28 追記)

山羊革ヌバック(フラットトートSサイズ フラットショルダー S・XSサイズ 各型2色)は、現在メールオーダーにてご注文はお受けできますが、商品ページのご用意は7月頃になると思います。

commentする



ページの先頭に戻る