2020年 新年に考えること

2020-1-5

2020年になりました。

今年も暖冬のお正月でした。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、親せきの帰省やらご挨拶やら後片付けやらで慌ただしかったお正月が過ぎたところで、

ひと息ついて昨年を振り返り、思ったことを文章にまとめてみました。

昨年は色々と変化の一年でした。

まずは、長男が中学生になりました。

中学の入学式からもう受験を見据えたかのような話がはじまり

こうも急に環境が変わるのかと戸惑っている暇もないまま、

小学校の内容はすべて理解している前提で進む授業と、

定期テストの課題と提出物、部活との両立にやっと慣れてきたのは2学期が終わろうとしているころ。

 

仕事では消費税が増税されたのでその対応に追われ

世の中の急激なキャッシュレス推進に慄きながら

スピードについていかないといけないような雰囲気に焦ってしまうのだけど、

本当はもっとゆっくり生きたいのになぁ、と思っているのです。

 

私のような疑り深い人間は、何かの陰謀じゃないかと勘ぐってしまうくらいによくできたオンラインゲームに

子どもたちがまるで洗脳されていくかのような日々を目の当たりにしていると

よほど気を付けていないとその渦に飲み込まれてしまう気がしている。

小学校でそのゲームは子どもたちのコミュニケーションの中心で、

それで仲良くなったり、疎外感を覚えたりの友達づきあいを学んでいくツールとなっていて、

それがないとそもそも会話が成り立たないので、これはもう生活の一部になってしまっているのだなぁと思う。

シミュレーションで満足できているなら、それはそれで幸せなのかもしれないけれど、

リアルを体験しづらい現実と、リアルを知らなくても事足りるような脳内の刺激が簡単に手に入る世の中は

映画マトリックスのような二重世界に変わるさまを見ているようで、なんだか恐ろしさも感じる。

作られた想像の世界がそのままリアルであるかのように錯覚していくことで

脳はどういう発達を遂げるのだろうか。

 

この世の中のすべてを体験できるはずもないのだけれど、

私のこれまでの経験では、何かを「体験」することで

それまでに想像していたものとは比べ物にならない刺激を、そこから受けることができた。

たとえばこの目でみる絶景は写真とは比べものにならないし、

たとえば映像を見て感じる程度の恐怖や喜びや悲しみは

きっとその場にいる人物が現実に感じているそれとは比べものにならないのと同じで。

VRによってまるで本物のような疑似体験ができる未来はすぐ近くにきているけれど、

本物を体験した人ならきっと、似ているけれど違う、と言うはずの疑似だけで体験を済ませてしまうことは

「知らない」ということを自覚することで世の中の大きさを想像することや

畏怖を知らずに大人になっていく危うさをはらんでいる。

「知っている」ことと「知ったような気になる」のは全然違うこと。

知らないほうが良いこともこの世にあるのは事実だけど、

知ること、より知ろうとすることによって開かれる世界がある。

予想しえないハプニングや困難には学びがあり、気づきがあって

そういう想定外の事態を乗り越える智慧やタフさを身につけたい。

用意された箱庭の中だけで育てられた想像力は、いつまでもシミュレーションを超えないように思う。

 

子ども向きでない映画やドラマ、芸術作品などを鑑賞するとき、子どもがたいがい退屈するのは

経験が少ないために描かれた意図やリアリティを感じ取ることができないからなんだけど、

人生を重ねるにつれて涙もろくなってしまうのは、作品のそれを自分の経験や考えと重ねることができるからで、

いくつもの体験を経て、同じ物語でも違う立場や角度から見ることで解釈が変わることへの気づきは

多様性を認めること、より多くの人が生きやすい社会をつくることへ繋がっていると考えている。

 

体験したぶんだけ想像力が広がり、知ろうとする気持ちから想像力は高まり、

考えるちからは、そういう想像力から育まれるんじゃないか。

わが子らには、そういう広い視野や感受性が育つように、意識的に声をかけていきたい。

たくさんのことを経験して、悩んで、想像して、試して、考えて、

ものごとを広く深く考えることができる、あたまの柔らかいひとになっていくために、

若いあいだに、それなりに失敗もしておくべきなんだと思う。

外に出ないと失敗も経験もできないので、できるだけ色んなところへ連れ出したい。

 

失敗といえば、庭のユーカリが夏を前に突然枯れてしまい大ショック。

何がいけなかったんだろうと振り返ってみて、

きっといろんな原因が積み重なって結果として現れたんだと思うと、次は何かしらの対策をして

春になったら、また何か新しい木を植えたいと思います。

(アツコ)

コメントは停止中です。

年末年始休業のお知らせ(2019 – 2020)

2019-12-26

誠に勝手ながら、年末年始のお休みを下記の期間で頂戴いたします。

 年末年始の休業日  12/28(土) ~ 1/5(日)

上記期間中は、発送の対応ができません。

メールは上記期間中にも返信いたしますが、お待たせする場合がございます。

2019年最終の出荷日は12/27(金)です。それ以降の出荷は、1/6(月)からになります。

恐れ入りますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

今年も残り僅かとなってまいりました。

本年はご愛顧賜り誠に有難うございました。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
    ヌイトメル  重森一祥 敦子

commentする



いろいろと試作

2019-12-21

久しぶりにボストンバッグを製作しました。

なかなか良い仕上がり。

底やハンドルで使用した牛革がなくなり、同じものはもう作れません。(限定2個だけ製作)

このバッグは数年作る機会がなかったですが、こういうかっこいいバッグもいいなと思います。

昨年スポットで手に入ったナイロン生地。

ナイロンなのにマットな表面でしっかりとした帆布のような堅さでありながら、軽くて撥水性があり、自立するバッグです。

牛革とのコンピで、いつものトートバッグをアレンジして作ってみました。

色によってカジュアルとオフィシャル両方イケそうで、使いやすそうなバッグになって、良い感じです。

まずは試しに使ってみて、来年春以降に限定販売を考えています。

鹿革×鹿角ブレスレットに、サーミクラフトのようにピューター刺繍をしてみました。

なかなか良くできたと思うので、試しに数本作ってみます。

ブレスレットはミシンを使わずに作れるので、ワークショップをやってみてもいいかもと考えています。

 

合間に、こんな感じに色々と製作しています。

巷ではインフルエンザが流行りだし、来週はクリスマス。もう年の瀬です。

  

年末年始は、12/28(土)~1/5(日)にお休みをいただきます。(改めてお知らせします)

commentする



展示会のお知らせ(北九州市)

2019-11-16

北九州市「ツクリテ」さんでの展示のお知らせです。

ツクリテさんとは、5年前の山口のクラフトフェアのつながりでお声がけをいただいてからの、長いお付き合いになります。

オープンのときから巾着バッグをお取り扱いをいただいているのですが、今回はじめての展示会です。

今回、巾着バッグの各サイズ以外にも、

山羊革のトート、ショルダー、フラットシリーズ、鹿革の小物など

色々とご用意しておりますので、この機会にぜひお立ち寄りください。

初日、アツコが在店します。

・・・・・・・・・・・・・・

nuitomeru 鞄の展示販売会

2019年12月7日(土)~ 15日(日)

OPEN:11:00 - 17:00

店休日:12/9(月) 
在店日:12/7(土):アツコ

at:ツクリテ

(2019.12.18 追記)

会期中お立ち寄りいただいた皆さま、ご注文いただいたお客様、

どうもありがとうございました!

commentする



奈良の展示会にて

2019-11-16

奈良「FIELD NOTE」さんでの展示が終了しました。

展示会へお立ち寄りくださった皆さま、有難うございました!

初日の在店日に中庭を眺めながらランチをいただきました。

2013年から何度か個展でお世話になっていますが、心地よくてつい長居したくなる素敵なお店です。

ゆったりとした店内にはバリエーション豊かな品揃えで、アウトドア用品からインテリアグッズに文具、ウェア・ファッションアイテムはレディースだけでなくメンズもあって、ペット用品、食器・調理器具や調味料に食品、お菓子、リネングッズなどなど・・・お手頃な雑貨からちょっといいモノまでずらり。じっくりお買い物をして、ランチを食べたりゆっくりお茶をして、つい何時間も過ごしてしまいそうなちょうどいいお店。

調味料や食品、ちょっとしたスキンケアグッズなどが置いてあるコーナーはわたしのツボで、大手スーパーで売っていない系の自然派のやつが並んでいます。

地元のものがあったり、インポートのオーガニックのものがあったり、色々あるのが楽しい。

そのコーナーの奥にあるイベントスペースで展示をしていただいていたので、その合間にちょろちょろと店内をうろついていました。

焼き菓子やパン、ケーキはテイクアウトもできるし、

庭や店内でイベントも色々と開催されていて、定期的に訪れたくなります。

駅から少し離れた住宅街にあるFlELD NOTEさん。

買いものやランチに遠出することがほとんどできなくなって、時間に追われて生活する私にとっては、こういうお店が徒歩圏内にあるなんていいなぁ、と羨んでいます。

(アツコ)

commentする



ページの先頭に戻る